オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

【グルメあれこれ】韓国屋台の定番おやつ「ホットック」が自宅で簡単にできた!

2016年7月 8日 14:19 | コメント(0)

こんにちは。
SHI編集部員ですopicon_panda

ここ数年ほどご無沙汰ですが、
ひと昔前は、よく訪れていた韓国。
"安近短"な上、食べ物は美味しいし、
当時は韓流コスメがアツかった!!
20160708_2.jpg
チャングムのテーマパークで女官に変身したことも(笑)

■過去のブログエントリー
韓国・ソウルの旅~革製品編~
韓国・ソウルの旅~東大門屋台~
韓国・ソウルの旅~明洞ぶらり~

↑2010年の旅日記なんですが、
東大門でのぼったくられ記事は、
今だにアクセスが多いんです(笑)
検索で引っかかるのかな??


韓国で、毎回外せなかったのが、

ホットック

おやき?ホットケーキ?のような、
韓国屋台の定番おやつです。
20160708_1.jpg
奥が本場のホットック。手前はトッポギ。
@ソウル・ロッテデパート地下のフードコート

これが、もう大好きで大好きでheart04
ホットックだけのためだけに、
韓国行ってもいい!!
って思うほどでした(笑)
当時、ウォン安でしたし~。

ホットック屋台はもちろん、
スーパーやフードコートなどで、
気軽に買えます。
1枚100円~200円ぐらいかな。

毎回、スーパーやデパ地下で買いこみ、
機内持ち込みして、
帰宅後は冷凍して楽しんでたな~♪

が・・・今では日本で、
こんなキットが売っていまして、
本当にあの味が再現出来るの??
と、疑心暗鬼になりながらも、
賞味期限が切れちゃったので、
急いで作ってみましたdash


「もち米ホットックミックス」
20160706_1.jpg
箱の中には、以下の3種類。
・ホットックミックス
・ドライイースト
・ホットックシュガー(黒糖・シナモン等)

まずは、ボウルにドライイーストを入れ、
ぬるま湯120mlを注いで混ぜます。
そこへホットックミックスを投入し、
5~10分ほどコネコネよく混ぜ、
生地はだいたい5等分しておきます。

手にくっつかないよう、油を塗り、
直径10cm程度、厚さ1cm程度に広げ、
そこへホットックシュガーをのせます。


おまんじゅうを丸めるように、
シュガーを包み込みます。
生地がもっちもちで伸びがいいので、
意外と綺麗に包めます(笑)

とじ目を下にして油を敷いたフライパンへ。
弱火で焼きながら、平たくつぶします~。
20160706_3.jpg
性格が雑なので、形もいびつ(笑)

ひっくり返しながら押さえつつ、
いい頃合いを見て、もう出来上がりheart04


さあ、割ってみます!!
20160706_5.jpg
中のツブツブはピーナッツらしい

中のシュガーが、とろ~~~りheart04

20160706_6.jpg
むむむっ!!!!
本場の味に近いんですけど!!

カリカリ、
もちもちふんわり、
トロ~リ、
とっても美味しいですheart02
これはビックリーーーー。

しいて言えば、もっとシュガーの量を
増やせばよかったなーと。
甘すぎてもイヤだから減らそうと
ケチってしまったおかげで、
大量に余ってしまったので、
もったいなかったなー。
めいっぱい入れた方が美味しいです!

あと、焼いている時に、
押さえつけすぎると、蜜が溢れますので、
ご注意くださいね~。


1箱で、大きめホットックが5個。
これは嬉しいっlovely

食べ切れなかったら、
1個ずつラップでくるんで冷凍すれば、
後日でも美味しくいただけます。

ということで、早速もう1箱買ってきました!
今度は小ぶりなのを沢山焼いてみよっと。
(私は北野エースにて買いましたよ~)

ホットック好きな方、ぜひお試しをwink

それではよい週末を!!
(明日は1日中雨の予報ですが・・・rain

以上、SHIでしたopicon_panda

<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る