オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
編集部ブログ

J-Michael♪

2010年12月15日 14:00 | コメント(0)

こんにちは、窓際の席でガタガタ震え中のR編集部員です。
部屋は暖かいんですが、窓が天井まであるので冷気がすごくて・・・snow


さて、わたくし。オサレお土産を頂いた先輩Y氏からまたまた、と~ってもすばらしいクリスマスプレゼントxmasを頂いちゃいました!!


それは・・・こんなケースに入れられた・・・

1213-1.jpgジャーーーン

1213-2.jpgトランペットですshine


実はこれ、J-Michaelの「ポケットトランペット」って言ってすごく小さいんです!
黒のトランペットなんて初めて見たけど、めちゃかわいいheart04


1213-3-2.jpg
音はトランペットと同じようにでるので、全く問題ナシgood



吹けるのかって??



ふふふcatface
実はワタシ、小学校のクラブでトランペットと少し小さいコルネットを吹いていたことがありまして。
マーチングバンドで市内を練り歩いたこともございますnotes
1213-5.jpg


とはいえ、じゅう・・ゥン年ぶりの金管楽器。まずは自分のマウスピースを買いに楽器店へ。


これがマウスピース。
1213-4.jpg吹く口の部分の厚みやカーブの違いで音の柔らかさや深みが違うのだとか。
ワタシは初心者に近いので、お値段¥4800の初心者~中級者用のものをGetshine



親切な店員さんにマウスピースのあれこれを教えて頂き、勧められるままにとりあえず店内で吹いてみることに。



スカーー・・・・



えっsweat01
音が出ない!恥ずかし~~~coldsweats02
ブランクがありすぎた!?


と思ったら、ピストンの向きが逆になっていましたdash



楽器って、当たり前だけどお手入れが必要で、もちろん部品をはめる向きも重要flair
ちょっとズレてるだけで変な音が出ますsad

1213-6.jpg
では、気を取り直して。


ぷゎぁ~



で・でたけど・・・音が定まらず、「」の音すらまともにでませんでした(笑)



家に帰って落ち着いたら一通り音階は出ましたが、まだまだ曲を吹くには道のりが遠そう・・・sweat01

とかとか出し方忘れちゃったし。
指が覚えていたのはドレミファソラシドの普通の音階だけ。


トランペットって3つのピストンを交互に押さえて音を出すのですが、もちろん3つの組み合わせなんて限界があるので同じ押さえ方で違う音を出さなくてはいけません。



たとえばと高い

1213-7.jpg
息の吹き込み方で音を変えなくてはなりません。
幅広い音出せる人は・・・やっぱり凄いですdash



しばらくはマウスピースで音出す練習から始めなきゃ・・・





そしていつか、サックスが吹けるY氏と同じくサックスを練習中のK氏と、セッションしたいなぁと思いますheart04



あ、ちなみに【サックス】って本当は【サクソフォーン】らしいですよ。
へぇ~・・です。





<< 前の記事 次の記事 >>

オピ・リーナ編集部

オピ・リーナ編集部
オピ・リーナの編集部員たちが気ままにつづる、仕事でのおもしろ裏話、お得なお知らせ、美味しいグルメ、おすすめ美容など。時には恋愛ネタもあったりして・・・?!

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る