オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

ホットサラダ

 冬野菜をたっぷり食べられるホットサラダ。一つの鍋で野菜を順番にゆでるだけなので簡単です。つけて食べるソースは、マヨネーズに粒マスタードなどを加えておしゃれな味に。見た目がきれいで人が集まるときにも向きます。

ホットサラダ<
★1人分434キロカロリー、脂質33.3グラム、塩分2.2グラム
材料(4人分)
ブロッコリー・・・1個(350グラム)
カリフラワー・・・1個(350グラム)
ニンジン・・・2本(250グラム)
フランクフルトソーセージ・・・4~5本
<ソース>
マヨネーズ・・・80グラム
粒マスタード・・・大さじ1
玉ネギ・・・1/4個(40グラム)
レモン汁・・・大さじ1
塩、コショウ・・・各少々
ホットサラダ<
ホットサラダ<

<1>野菜を切る
 ブロッコリー、カリフラワーは茎の硬い部分を切り落とし、小房に分ける。大きな房はさらに縦半分に切る。
 ニンジンは皮をむき、厚さ1センチの輪切りにする。あれば波形のナイフで切ると、表面にギザギザができてソースがからみやすい。

<2>ソースを作る
 玉ネギはみじん切りにする。水にさらして辛味をとり、水気を絞る。ボウルにマヨネーズを入れ、玉ネギほか残りの材料を加えて混ぜる。

<3>ニンジンを水からゆでる
 根菜のニンジンは水からゆでる。鍋にニンジン、たっぷりの水を入れて強火にかける。煮立ってきたら火を弱め、5分ほどゆでたらカリフラワーを入れて混ぜる。再び煮立ってきたら、2分ほどでザルに上げる。

<4>ほかの具材をゆでる
 続いてブロッコリーを鍋に入れて混ぜ、再び煮立ってきたら1分ほどゆでてザルに上げる。
 最後にソーセージを3分ほどゆでて温める。取り出して食べやすく切る。

<5>盛りつける
 器に野菜とソーセージを盛りつけ、ソースを添える。

わたしの台所

ホットサラダ<

 体を冷やしたくない冬は、火を通した野菜のホットサラダがおすすめです。ブロッコリー、カリフラワー、カブといった冬野菜をゆでるだけで、しゃれたサラダの出来上がり。

 野菜はコリッと歯応えがよくなるように火を通したいので、一種類ずつゆでます。

 ゆでる時間は花蕾(からい)が密集したカリフラワーは沸騰してから2分。そこまで花蕾が詰まっていないブロッコリーは沸騰後1分。これはあくまでも目安で、ご自分でかじってみて、ほどよい歯応えにゆで上げていただきたいです。

 ゆでた野菜はザルに上げて熱を取ります。こうすると水っぽくならず、野菜の甘みを強く感じられます。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る