オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

たっぷりだし玉ねぎの和風カレー丼

 だしでサッと煮た玉ねぎをそのままストックしておくと、だし汁ごと使えて、スープやカレーなどが簡単に手間ひまかけたような味わいに仕上がります。だしマリネ®のだし汁が足りない場合は水を加え、昆布だしの粉末を加えて味を調えます。

たっぷりだし玉ねぎの和風カレー丼

<1>鍋に胡麻油をひき、中火にかけ、豚肉を入れ、炒める。
<2>(1)に玉ねぎとAを加え、サッと煮たらカレー粉を加え混ぜ合わせる。
<3>(2)が沸いてきたら、めんつゆを足し、混ぜ合わせ、味を調える。
<4>(3)が沸いてきたら、水溶き片栗粉を少しづつ加え、好みのとろみをつける。
<5>器にご飯を盛り、(4)をたっぷりかけ、長ねぎの千切りしたものやいりごまを加える。

材料(つくりやすい分量)
豚肉薄切り(昆布だしの粉末でだしマリネ®1・一口大に切る)・・・150g
玉ねぎ(かつお昆布だしでだしマリネ®2・薄切り)・・・1/2個
長ねぎ(千切り)・・・1/4本
胡麻油・・・適量
めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ2

だしマリネ®のだし汁・・・400ml
水・・・100ml
カレー粉・・・大さじ2
水溶き片栗粉(水と片栗粉を1:1でまぜあわせたもの)・・・適量

鶏肉と卵のあんかけ

 鶏と玉ねぎのシンプルな具材の卵あんかけは中華風の親子丼のような1品。溶き卵はとろみをつけた後に注ぎ入れ、卵は固まり始めるまでかき混ぜないのがふんわり美味しく仕上げるポイントです。

鶏肉と卵のあんかけ
<1>フライパンにサラダ油(分量外)をひき、中火にかけ、鶏肉、玉ねぎを入れて炒める。
<2>(1)にだし汁を入れて、沸騰してきたらAの調味料を加えて、少し煮る。
<3>(2)に水溶き片栗粉を回し入れて、とろみをつける。
<4>(3)の火を弱め、卵を回し入れて、卵が固まってきたら軽く混ぜ合わせる。

材料(2人分)
鶏もも肉(昆布だしでだしマリネ®2・一口大に切る)・・・150g
玉ねぎ(鶏だしの粉末でだしマリネ®1・スライスに切る)・・・1/2個
卵(溶いておく)・・・2個
だしマリネ®のだし汁・・・400ml

酒、みりん、砂糖・・・各大さじ1
醤油・・・1と1/2
水溶き片栗粉(水と水溶き片栗粉を1:1で混ぜ合わせたもの)・・・適量

スタイルアップアイテム

写真

 人気のパンのおともとして「フルーツバター」は大人気ですが、そんな中、私が最近ハマっているのが和歌山の観音山フルーツガーデンの「レモンバタークリーム」。他のメーカーのものをいくつか頂いたことがありますが、他を圧倒するくらい、味のバランスがとれています。

 皇室にも献上されていると言われる観音山レモンは香りが高く、ワックスや防腐剤を使用していないので皮まで安心して食べられます。

 そのレモンに紀州の地養卵、北海道のビート糖、国産のバターのみを混ぜ合わせたものは、コクがありながら、程よい酸味とまろやかな味わいでまさに極上スイーツ!パンはもちろんのこと、クッキーやヨーグルト、市販のスポンジケーキにつけるだけで最高に美味しく、くどくないのがいいんです。

 一度食べたらもう他のレモンバターには戻れなくなるほど、レモンバターの中の王様です。

観音山フルーツガーデン

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る