オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

えびとキャベツのだしバーグ

 だしマリネ®して旨味が増したキャベツをたくさん混ぜ込んだヘルシーシーフードハンバーグ。薄めのだしで作ったあんをかければ、お客様へのおもてなし料理としても充分な一品に!混ぜ合わせたタネは春巻きの具にしても、ボウル状にして鍋に入れても美味しいですよ。

えびとキャベツのだしバーグ

<1>ボウルに白菜を入れて、塩をふりかけ揉み、水気を絞る。
<2>(1)に柚子の皮、赤唐辛子を入れて更に揉み、1時間以上漬ける。
<3>器に(2)を盛り、いりごまをふりかける。

材料(2人分)
えび(昆布だしでだしマリネ®1・細かく叩いておく)・・・200g
キャベツ(だしマリネ®2・粗みじんぎり)・・・2枚程度分
青ねぎ(小口切り)・・・3本
卵白・・・1/2個分
片栗粉・・・大さじ1
おろし生姜・・・大さじ1/4
醤油・・・小さじ1
塩、こしょう・・・各少々
胡麻油・・・大さじ1
レモン(くし切り)・・・1/2個

小松菜のレモンだし漬け

 レモンの酸味があと引く味わいの小松菜のおひたしです。まとめて作っておくと、もう一品欲しいときに小鉢代わりになるので便利です。レモン汁だけでなく、刻んだレモンも入れておくと、盛りつけたときの見栄えもアップします。

小松菜のレモンだし漬け

<1>耐熱ボウルにAを入れて、電子レンジ600wで1~2分加熱する。
<2>(1)にレモン汁を加え、小松菜を加えて浸し、1時間以上置く。

材料(2人分)
小松菜(だしマリネ®2・5cm幅に切る)・・・1/2束

だしマリネ®のだし汁・・・200ml
醤油・・・大さじ1
みりん・酒・・・各大さじ1/2
レモン汁・・・大さじ2

スタイルアップアイテム

写真

 料理を取り分けるときに使うスプーンで、とってもお気に入りがあります。「家事問屋」というブランドで、金物加工の産地、新潟県燕市で作られているものです。

 良質なステンレス製で、シンプルながらありそうでなかったアイテムが色々揃っているので、こまめにチェックしては少しずつキッチンに連れ帰っています。

 この取り分けスプーンは皿部が広くて、平らな部分が多いので、お皿にフィットして、すくいやすいんです。先がフォークタイプのものもあり、汁気の多い料理で具材だけをとりたいときに便利です。大きなボウルにサラダを盛ったときはこの2本をサラダトングとして使っています。

 ちょっとした心づかいが生かされた道具は、毎日が楽しくなって、食卓がノンストレスになりますよね。

 家事問屋公式HP

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る