オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

カレーうどん

 どこか郷愁を誘うおいしさで、時々、無性に食べたくなるカレーうどん。家庭でも意外なほど手軽に作れます。トロミをつけて、体の温まる一杯をどうぞ。

カレーうどん
★1人分486キロカロリー、脂質12.1グラム、塩分3.5グラム
材料(4人分)
鶏もも肉・・・300グラム
水・・・6カップ
酒・・・大さじ3
みりん・・・大さじ3
しょうゆ・・・大さじ4
カレー粉・・・大さじ3
玉ネギ・・・1個
生シイタケ・・・6個
ワケギ・・・1/2束
片栗粉・・・大さじ3
水・・・大さじ5
冷凍うどん・・・4玉
カレーうどん

<1>鶏肉を切る
 鶏もも肉は3センチ角に切る。

<2>ほかの材料を準備する
 玉ネギは縦半分に切り、切り口を下にして置き、端から縦に1.5センチ幅に切る。
 生シイタケは石づきを切り落とし、軸はつけたままで縦4等分に切る。
 ワケギは長さ2~3センチに切る。
 片栗粉を分量の水で溶き、ゆるめの水溶き片栗粉を作っておく。

<3>鶏肉を煮てつゆのベースを作る
 鍋に鶏肉、分量の水を入れて中火にかける。煮立ってきたら火を弱めてアクをとり、酒、みりんを加え、ふたをして15分ほど煮る。こうして少し煮込むことで鶏肉のうま味が出て、つゆのベース(だし)となる。

<4>つゆにカレーの風味をつける
 (3)に玉ネギ、シイタケを加えて5分ほど煮る。しょうゆ、カレー粉で調味して、ひと煮する。鍋中をかき混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてトロミをつけ、最後にワケギを入れる。

<5>うどんにつゆをかける
 たっぷりの熱湯で冷凍うどんを温め、ザルにあげて水気をきる。器にうどんを盛り、(4)をかける。

わたしの台所

キノコカツ

 カレーうどんは昔ながらの町のおそば屋さんのメニュー。しょうゆが入るせいか、ホッとするおいしさなんですよね。

 具に鶏肉を入れると、鶏のうま味がつゆに出るので、別にだしをとる必要なし。調味料もカレー粉(市販のルウではなく、瓶や缶入りのカレー粉)さえあれば、あとは酒、みりん、しょうゆとおなじみのものばかりでOKです。

 熱湯で温めればいいだけの冷凍うどんを常備しておくと、本当に食べたいときに、すぐに作って食べられる!カレーうどんは家庭内ファストフードなのです。

 鶏肉のほかには、甘味の出る玉ネギ、うま味の出るシイタケなどのキノコを入れるのがおすすめ。冬のお昼ごはんにぴったりです。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る