オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

だし三つ葉のおにぎり

 昆布だしでだしマリネ®した三つ葉は、浅漬け感覚でそのまま食べても美味しい常備菜になりますが、水気を切ってご飯に混ぜ合わせたおにぎりは、さっぱりした後味がクセになりますよ。今回はアクセントに梅肉を添えましたが、柚子胡椒や生七味もおすすめです。

だし三つ葉のおにぎり

<1>ボウルに熱々のご飯を入れて、だしマリネ®した三つ葉の水分を絞って加え混ぜる。
<2>(1)にごまを加えたら更にさっくり混ぜ、4等分にして、好きな形に握る。
<3>お好みで、梅肉をのせる。

材料(2人分)
三つ葉(昆布だしでだしマリネ®1・1cm幅に切る)・・・1/2束
ご飯・・・茶碗2膳分
いりごま(白)・・・適量
梅肉・・・お好みで

カジキマグロの七味照り焼き

 ぱさつきやすい白身魚の焼き料理は、焼きすぎないことがしっとりと仕上げるポイント。合わせ調味料はとろみが付いたらOKです。甘辛味×七味の辛味にご飯が止まらなくなる一品。

カジキマグロの七味照り焼き

<1>フライパンにサラダオイル(分量外)を入れ、中火にかけ、かじきまぐろを入れて焼く。
焼き目が付いたら裏返して、1分焼く。
<2>小さなボウルにAを入れて混ぜ合わせ、(1)に入れて、かじきまぐろ全体に焼き絡める。
<3>器に(2)を盛り、残りのタレをかけ、七味唐辛子を振る。

材料(2人分量)
かじきまぐろ切身(かつお昆布だしでだしマリネ®1)・・・2切

醤油、みりん・・・各大さじ1
七味唐辛子・・・適宜

スタイルアップアイテム

写真

 未だに日本にはショップがないアメリカの人気ブランド「アンソロポロジー(Anthropologie)」。可愛い雑貨がたくさん揃っています。

 なかでも私は昔からここの食器が大好きで、ニューヨークへ行くと何日も通ってしまうほどです。数年前、タレントの梨花さんが愛用しているイニシャルマグカップが有名になりましたね。実はこの食器、日本の窯元で焼かれているものなんです。にも関わらず、これだけの人気があっても日本にまだショップができないのは、ブランドイメージを大切にされているからだそうです。

 先日、思わぬところでアンソロポロジーの皿に出会ってしまい、ひとめぼれで購入しました。一瞬、個性的な柄にどうしようか迷ったのですが、料理をのせてみたら、これが何でも可愛くみせてくれるです。陶器は出会いと言われますが、今回は本当にその通りだと思います。たまたまお店で仕入れた数枚のうちの2枚を購入でき、しかもお値段も1枚700円と超破格!最近いとおしくてたまらない1枚なんです。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る