オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

水菜と豚しゃぶの和風サラダ

 豚肉も入って満足感があり、しょうゆ入りのドレッシングでご飯のおかずになるサラダです。生で食べられる食用菊は、秋らしさを感じさせる便利な食材。ぜひ使ってみてください。  

水菜と豚しゃぶの和風サラダ
★1人分237キロカロリー、脂質14.1グラム、塩分2.4グラム
材料(4人分)
水菜・・・300グラム
レンコン・・・1節(200グラム)
豚しゃぶしゃぶ肉・・・250グラム
食用菊(黄色)・・・1個
<梅ドレッシング>
梅干し・・・2個
オリーブ油・・・大さじ3
水・・・大さじ2
薄口しょうゆ・・・小さじ2
水菜と豚しゃぶの和風サラダ
水菜と豚しゃぶの和風サラダ

<1>水菜に軽く火を通す
 水菜は3~4センチの長さに切り、盆ザルに広げ、熱湯を全体にまわしかける。そのまま冷まし、水気を絞る。

<2>レンコンをゆでる
 レンコンはピーラーで皮をむき、野菜スライサーまたは包丁で薄い輪切りにする。水で洗って表面のでんぷん質を洗い落とす。熱湯に塩、酢各少々(材料外)を入れた中でサッとゆで、冷水にとって冷まし、水気をきる。

<3>豚肉をゆでる
 (2)のゆで湯に、酒大さじ1(材料外)を加えて火を弱め、豚肉を1枚ずつ広げて5~6枚入れる。肉の色が変わったら取り出し、残りの豚肉も同じようにゆでて冷ます。肉を3センチ幅に切る。

<4>食用菊をほぐす
 食用菊は花びらをほぐし、水にさらして水気をきる。

<5>ドレッシングを作る
 梅干しは種を取り、包丁で細かくたたく。ボウルに入れて、油、水、しょうゆを加えて混ぜ、ドレッシングを作る。

<6>盛り付ける
 (1)~(4)をサックリ混ぜて器に盛り、(5)のドレッシングをかける。

わたしの台所

水菜と豚しゃぶの和風サラダ

 最近は水菜が手に入りやすくなりました。一株が大きく、安価なのがうれしいですが、「鍋以外の食べ方がわからない」という声も聞きます。傷みも早いですし、おいしく食べきりたいですよね。サッと軽く火を通して、和(あ)え物やサラダ風に食べるのがおすすめです。

 鍋に入れて食べるときもそうですが、水菜は火を通し過ぎると筋っぽくなって、味わいが損なわれます。サッと煮ることで、あの独特のシャキシャキとしたおいしさを味わえるのです。

 ですから、サラダや和え物にする場合も、熱湯をまわしかける程度に軽く火を通すのがポイント。カサも減り、生とは違ったおいしさでたくさん食べられます。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る