オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

鶏の焼きだし漬け

 お肉やお魚を焼いてだし汁に漬けて食べると、また違った味わいが楽しめておすすめです。今回はお手軽に、市販の濃縮タイプの白だしを使っていますが、もっと濃い味がお好みならば、めんつゆでもOK!鶏肉は焼きすぎず、余熱を上手に使うのが、ジューシーに仕上げるポイントです。

鶏の焼きだし漬け

<1>フライパンにサラダ油(分量外)をひき、中火にかけ、だしマリネ®した鶏むね肉を入れ、表面がうっすらきつね色になるまで焼く。火を止めて15分ほどそのまま置く。 <2>保存容器やジップ付きの保存袋にAを入れて、(1)を加える。 <3>(2)を冷蔵庫に入れて、半日ほどおく。 <4>(3)を薄く切って、お好みの野菜とともに器にのせ、漬け汁をかけ、お好みのオイルをかけていただく。

材料(2人分)
鶏むね肉(昆布だしの粉末でだしマリネ®1)・・・300g

白だし・・・大さじ2
水・・・150ml
お好みの葉野菜・・・適量
お好みのオイル・・・適量

チキンゆず胡椒マヨサンド

 上記のレシピで作った鶏の焼きだし漬けをスライスして、ゆず胡椒マヨネーズを塗ったパンに挟んでサンドイッチに。大葉の風味とゆず胡椒マヨの味わいが、だしをまとった鶏肉とベストマッチ!パンだけでなくご飯でお茶漬けにしても美味しいですよ。

チキンゆず胡椒マヨサンド

<1>食パンをトースターで焼き、表面がこんがり焼けたら取り出して、半分に切る。その半分にカットしたものをポケット状になるように切り込みを入れる。
<2>小さなボウルにAを入れて混ぜ合わせる。
<3>(1)のパンのポケットに(2)をぬり、大葉を入れ、鶏肉を入れて、アルファルファをのせる。

材料(2人分)
鶏の焼きだし漬け(薄くスライスする)・・・8枚
食パン(5枚切)・・・2枚

マヨネーズ・・・大さじ3
ゆず胡椒・・・小さじ1
大葉・・・2枚
アルファルファ・・・適量

スタイルアップアイテム

写真

 ホームパーティのグッズがほしいときは、必ず「フライングタイガー」をチェックします。ペーパーナプキンも色ごとやグラデーションで何種類もあったり、使い捨てのカトラリーやお皿も豊富に揃っていて、子供から大人仕様まで自由自在にコーディネートできて便利です。

 最近見つけてまとめ買いしたのが、木製の皿とナイフ、スプーンのシリーズです。木製だけなら他にもあるのですが、カトラリーは持ち手の部分に洋食器風のデザインが施されておしゃれなんです。また、お皿も丸皿だけでなく、長方形のものがあり、テーブルに並べた時に今までにはない風合いになり、とても気に入っています。しかもお手軽なお値段も魅力的!ついつい大人買いをしたくなってしまう可愛さです。

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る