オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

だしよだれ鶏

 ゆでだし鶏をスライスして、簡単ピリ辛タレをかけるだけの“よだれ鶏”。
 夏の暑い日には冷たい麺を添えて、トッピングの一つとしていただくのがオススメです!
 タレに、にらや大葉、みょうがなどをたっぷり加えてもオススメ。何にかけても美味しい「食べるタレ」として重宝しますよ。

だしよだれ鶏

<1>ボウルにAを混ぜ合わせておく。
<2>器にトマト、きゅうりを並べ、鶏肉を盛る。
<3>(2)に(1)をかける。

材料(2人分)
鶏胸肉(だしマリネ®2 5mmスライス)・・・300g

だしマリネ®のだし汁・・・大さじ2
ねぎ(みじん切り)・・・1/8本
醤油・・・大さじ3
黒酢・・・大さじ2
砂糖・・・小さじ2
味噌・・・小さじ1
すり白ごま・・・小さじ1
ラー油・・・大さじ1
ごま油・・・小さじ1
おろし生姜・・・少々
粉山椒・・・少々
塩・・・少々
トマト(スライス)・・・1/2個
きゅうり(スライス)・・・1/2本

親子スープご飯

 ゆでだし鶏をつくった時にセットでつくることが多い、簡単だしかけご飯。
 熱々のだしをかけることで、温泉卵の黄身も半熟になり、ご飯に絡めて食べると最高に美味しいんです。辛いのが好きな方は、ごま油をラー油にしてもおすすめです。

にんじんピーマンの胡麻味噌和え

<1>鍋にAを入れて、火にかけ温める。
<2>茶碗にご飯を盛り、温泉卵をのせ、(1)をかける。
<3>(2)にブラックペッパーを散らし、ごま油をかける。

材料(2人分)
温泉卵・・・2個
ご飯・・・茶碗2膳分
青ねぎ(小口切り)・・・1本

だしマリネ®のだし汁・・・300ml
塩・・・少々
ブラックペッパー・・・適宜
ごま油・・・少々

スタイルアップアイテム

写真

 大学時代の後輩が、広島のお土産にとくれた「かきスープ」をきっかけに知った「倉崎水産」さん。ここは色々な牡蠣加工品をつくっていて、どれも本当に美味しいんですが、中でも気に入ってしまったのが、「牡蠣じゃん」。これは新鮮な牡蠣をわざわざペーストにして、炒め玉ねぎやにんにく、唐辛子などとともに混ぜ合わせたものなんですが、見た目と違って濃厚な牡蠣の味わいにほのかな辛味が効いて、食欲がそそられるんです。ご飯やパンにのせて食べるのはもちろんのこと、パスタに和えると一般的なパスタソースとは違って、高級イタリアンレストランで出てくるような味わいにでき上がり、お客様に出すと必ず驚かれます!マヨネーズとともに和えて、カリッと焼いたバゲットにのせて食べるのもおすすめ!あまりの美味しさに、食べる手が止まらなくなります!我が家の冷蔵庫常備品の一つとして欠かせなくなってしまいました。お取り寄せもできるので、是非!チェックしてみて下さいね。
「久羅沙喜 牡蠣じゃん」 1300円/倉崎海産 kurasaki.co.jp

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る