オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

なすのだしもみナムル

 だしが効いている分、優しく香ばしい味わいのナムルです。多めにつくって冷やしておくと箸休めに、おつまみに、素麺の具にと、色々使えますよ!みょうがや大葉などの薬味類をプラスしてもおすすめです。

なすのだしもみナムル

<1>なすの水気を絞って、ボウルに入れる。
<2>(1)にAを加え、混ぜ合わせ、さらに白いりごまを加えて混ぜ合わせる。

材料(4人分)
なす(だしマリネ®1・くし切り)・・・2本

醤油・・・大さじ1/2
にんにく(すりおろす)・・・小さじ1/4
生姜(すりおろす)・・・少々
塩こしょう・・・各少々
ごま油・・・大さじ1/2
白いりごま・・・適量

トマト親子丼

 昆布だしの旨味と同じ旨味成分を持つトマトをたっぷり入れた親子丼。一瞬、意外に思うかもしれませんが、濃厚コク旨で驚くほど美味しいです!一度食べたら、やみつきになること間違いなしです!是非、お試しください!

トマト親子丼

<1>フライパンに、だし、めんつゆ、トマトを入れて、中火にかける。
<2>(1)に鶏肉を入れて、つゆが沸いてきたら、溶き卵を注ぎ入れて、蓋をし、1分ほど煮て、火を止める。
<3>器にご飯を盛り、(2)を盛り、三つ葉をのせる。

材料(4人分)
トマト(だしマリネ®2)・・・1個
鶏もも肉(だしマリネ®1・一口大に切る)・・・200g

だしマリネ®のだし・・・100ml
めんつゆ・・・50ml
卵(溶いておく)・・・2個
ごはん・・・茶碗2杯分
三つ葉(ざく切り)・・・適量

スタイルアップアイテム

写真

 最近、100円ショップの瓶類に目がよく行きます。季節柄もあるのでしょうが、これからの季節、麺にかけるつゆや自家製のタレやソースなどを入れて、食卓にのせる時に気の利いた瓶があると助かるんです。サイズも大きすぎず、使い勝手のいいもの、そして液ダレのしないもの、これが条件です。それでいて、シンプルながら形や取っ手などのアクセントがちょっぴり可愛いとくれば、申し分ありません!中でもお気に入りは、ダイソーで見つけた花柄の瓶。どこかノスタルジックな花柄模様が、昭和生まれの私としてはなんだか懐かしい雰囲気で、赤とオレンジの2色を数本づつ購入しました。デザートに料理に、ソースやタレを入れて使えます。片手でぱかっと開くフタもいい感じなんです!年々、バージョンアップしている100円ショップは、まだまだチェックのしがいがあり、宝探し気分で出かけたいですね!

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る