オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

鶏そば

 塩味の鶏のスープで食べる、さっぱり麺。スープがキンキンに冷えていたほうがおいしいので、前日に作って冷蔵庫で冷やしておきましょう。

鶏そば
★1人分675キロカロリー、脂質26.5グラム、塩分3.1グラム
材料(4人分)
日本そば(乾麺)・・・400グラム
<スープ>
鶏モモ肉・・・小2枚
水・・・6カップ
酒・・・大さじ3
塩・・・小さじ2
ショウガの皮・・・1かけ分
長ネギの青い部分・・・10センチぐらい(使うときは半分に切ってもよい)
<薬味>
ショウガ・・・1かけ
長ネギ・・・10センチ
ミョウガ・・・2個
鶏そば

<1>スープをとる
 鶏モモ肉は余分な皮と脂肪を取り除き、室温にもどす。  鍋に大きいままの鶏モモ肉、分量の水を入れて中火にかける。煮立ってきたら火を弱めてアクを取り、酒、塩、ショウガの皮、長ネギの青い部分を入れてフタをし、弱火で25~30分ゆでる。静かな火でゆでることで、澄んだおいしいスープができる。

<2>スープを冷やす
 (1)のショウガの皮と長ネギを取り出して、ボウルに移す。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

<3>薬味を用意する
 ショウガはすりおろす。長ネギ、ミョウガはそれぞれ小口から薄切りにする。

<4>スープをこす
 冷やしておいたスープの鶏肉を取り出して、食べやすく切る。スープはキッチンペーパーを敷いた万能こし器でこし、表面に固まった脂を取り除く。

<5>そばをゆでる
 大鍋にたっぷりの湯を沸かし、そばを入れて、袋の表示通りにゆでる。ザルにあげてゆで汁を切り、冷水でしめる。

<6>盛り付ける
 器にそばを入れ、鶏肉と薬味をのせて冷たいスープを注ぐ。

わたしの台所

鶏そば

 冷たい鶏のスープに、おろしショウガをたっぷりのせてすするそば。涼味極まる、さっぱり味です。マイブームというのでしょうか、ここ数年、夏の麺といえば私はこればかり食べているんです。

 どうも山形あたりに鶏のだしでそばを食べるところがあるらしい・・・のですが、未確認。ですからこの鶏そばは私が好きで勝手に作っているレシピというわけです。

 鶏と日本そば? と思うでしょう? ところがこれが実によく合う! 意外なおいしさです。

 鶏がしっかりとした風味なので黒っぽい田舎そばがおすすめ。塩味をしっかり利かせた冷たいスープは、冷蔵庫で2日ぐらいは味が変わりません。ぜひお試しを。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る