オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

イワシの梅煮

 イワシは産卵前の今が旬。じっくりと煮て味のよくしみた煮物は格別なおいしさです。新鮮なものほどウロコが多いので、下処理をしっかりと。「イワシも100回洗えばタイの味」という言葉も昔からあります。

イワシの梅煮
★1人分214キロカロリー、脂質5.4グラム、塩分2.4グラム
材料(4人分)
イワシ・・・8尾(約450グラム)
ショウガ・・・大1かけ
梅干し・・・3~4個
赤唐辛子・・・1本
酒・・・1/3カップ
水・・・1~1と1/3カップ
みりん・・・大さじ3
しょうゆ・・・大さじ2~3
イワシの梅煮
イワシの梅煮

<1>イワシのウロコを取る
 イワシはウロコを包丁でこそげ取る。尾から頭へ向かって、包丁を立ててウロコをなでるようにすると取れやすい。水洗いして、ウロコをきれいに洗い落とす。

<2>イワシの内臓を取る
 胸ビレの下に包丁を入れて、頭を切り落とす。次にイワシを縦に置き、腹を肛門のあたりまで斜めに切り落とし、包丁の先で内臓をかき出す。流水で腹の中までよく洗い、ペーパータオルで水気を拭く。

<3>ショウガを切る
 ショウガは皮をむき、4~5ミリ厚さの輪切りにする。皮も使うのでとっておく。

<4>材料を鍋に入れる
 鍋にオーブンシートを敷き、イワシを並べる。  ショウガ、ショウガの皮を散らす。梅干しを手で種と実に分けて、実はつぶすようにして散らし、種も加える。赤唐辛子を入れる。

<5>煮る
 (4)に酒をふり、水、みりん、しょうゆを入れて中火にかける。煮立ってきたら火を弱め、落としぶたをし、さらにふた(鍋ぶた)をして煮る。途中で数回、煮汁をスプーンでイワシにかけながら、20~30分煮る。

<6>盛り付ける
 オーブンシートごとイワシを取り出し、皿に移す。ショウガや梅干しも盛りつけて、イワシと一緒にいただく。

わたしの台所

イワシの梅煮

 イワシを梅干しやショウガと一緒に煮るのは、昔からの食の知恵。魚のくさみが取れて、梅干しの酸で軟らかく煮えるのです。

 梅干しは種のまわりについた果肉から味がよく出るので、種も捨てずに加えて煮ます。ショウガも皮こそ香りが強いので、一緒に鍋に入れてください(私は常日頃からショウガの皮をむいたら、煮魚用に冷凍保存もしています)。

 ちなみに梅干しは、スペアリブを煮るときに入れても。肉が軟らかくなり、脂っぽさが和らいで、さっぱりとしておいしいです。

 また梅干しの塩分は調味料の役目もして、料理にほどよい塩味がつくのが利点。ご家庭の梅干し、料理に生かしてください。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る