オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
月刊「KELLy」編集部が教える、とっておきグルメ情報

喫茶ニューポピー

[喫茶店/愛知県名古屋市西区]

ジュージューという鉄板の音と、甘い香りが食欲をそそる「鉄板小倉トースト」(810円)。
ジュージューという鉄板の音と、甘い香りが食欲をそそる「鉄板小倉トースト」(810円)。

鉄板トーストにわくわく!両親の想いを繋ぐ新世代喫茶

 「四間道」から少し入った通りにある、石畳の階段を上がると見えてくるのが、「喫茶ニューポピー」さん。伏見で8年間営業していた「喫茶神戸館」が店の前身で、店主の曽祖父が店を初めて開いた「那古野」に建つ蔵に運命を感じ、この地に移転オープン。店名は、店主の両親が名駅3丁目で約30年間営業していた「喫茶ポピー」からとりました。看板メニューは「鉄板小倉トースト」。黒ごまが練り込まれたパンは外はカリカリ、中はふっくらで香ばしく、ほろ苦いコーヒーシロップをかけると、湯気と一緒にふわっと香りが立ちます。上にたっぷりと乗せられた小倉あんは、店主の母のお手製。一口食べれば、小豆の優しい味わいとバターのうま味、溶けたアイスのひんやりとした食感が口の中で混ざり、幸せが溢れ出します。自家焙煎のブレンドコーヒーは、コクと苦味が強い深煎りの「ポピーブレンド」と、柔らかく軽めな浅煎りの「ニューポピーブレンド」の2種類を用意。コーヒーの香り漂う店内で、ほっと一息ついてみませんか。(月刊『KELLy』編集部 山崎瑠花)

コーヒーで米を炊いた「ポピーのカレーライス」(918円)。+150円で生卵トッピングも。
コーヒーで米を炊いた「ポピーのカレーライス」(918円)。+150円で生卵トッピングも。
屋根裏部屋のような雰囲気がある静かなロフト席は、店内を見渡すことのできる特等席。
屋根裏部屋のような雰囲気がある静かなロフト席は、店内を見渡すことのできる特等席。
DATA
TEL052-433-8188
住所名古屋市西区那古野1-36-52
営業8:00~18:00(モーニングは~11:00)
定休日不定休
駐車場なし
喫煙禁煙
カード不可
予算昼1500円

※本記事は2019年05月22日公開時点の情報です。ご覧いただいた時期によっては内容が変更されている場合がございますので、ご了承ください。

ジャンルで探す

エリアで探す

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る