オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

あさりのチャウダー

 出盛りのあさりと、野菜たっぷりで作る具だくさんのシチュー。ご飯にもよく合います。

あさりのチャウダー
★1人分260キロカロリー、脂質11.8グラム、塩分2.2グラム
材料(4人分)
殻つきのあさり・・・400グラム
白ワイン・・・大さじ2
玉ネギ・・・1個
セロリ・・・大1本
ニンジン・・・1本
ジャガイモ・・・3個
シメジ・・・大1袋
バター・・・大さじ3
水・・・2カップ
塩・・・小さじ2/3
こしょう・・・少々
牛乳・・・2カップ
パセリのみじん切り・・・少々
あさりのチャウダー

<1>あさりの砂を吐かせる
 あさりはバットに入れて、海水程度の塩水をヒタヒタに注ぎ、暗い静かな場所に2~3時間おいて砂を吐かせる。塩水から取り出し、水を入れたボウルの中でもみ洗いして殻を洗い、ザルにあげる。

<2>野菜を切る
 玉ネギは1センチ四方に切る。
 セロリは筋をとって、ニンジン、ジャガイモは皮をむいて、それぞれ1センチ角に切る。ジャガイモは水に5分さらして水気をきる。
 シメジは根元を切り、長さを半分に切って根元をほぐす。

<3>あさりを蒸し煮にする
 鍋にあさりを入れて白ワインをふり、フタをして中火にかける。殻が全部開いたら取り出し、蒸し汁をこす。

<4>野菜を煮る
 (3)の鍋をサッと洗って水気を拭き、バターを溶かして玉ネギを入れ、シンナリするまで炒める。残りの野菜を加えて炒め、水を加えて混ぜる。煮立ってきたら火を弱めてアクをとり、弱火で8~10分煮る。

<5>あさりと蒸し汁、牛乳を加える
 あさりと蒸し汁を加え、塩、こしょうで調味する。牛乳を加えて弱めの中火で煮、全体がなじんだら器に盛ってパセリをふる。

わたしの台所

あさりのチャウダー

 今があさりの一番おいしい季節。殻いっぱいに身がふくらんで、汁気もたくさん!クラムチャウダーは、そのだしもあますところなく味わえる料理です。

 ポイントは、あさりを先に酒蒸しにすること。400グラムのあさりに対して白ワイン大さじ2杯という少ない水分で、殻が開く程度にサッと蒸し煮にします。こうすると、あさりからうまみが出すぎることなく、身もふっくらと仕上がっておいしいのです。

 クラムチャウダーはとろみをつけることが多いのですが、あえてとろみなしで。そのほうがあさりや、やはり旬を迎えて味が濃くなったセロリなどの野菜のうまみをストレートに味わえます。

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る