オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
大庭英子のおいしい家ごはん
大庭英子のおいしい家ごはん

たけのこのそぼろ煮

 今年もやってきたたけのこの季節。手軽に味わいたいときにおすすめなのが、そぼろ煮です。たけのこと鶏ひき肉は相性バツグン。鶏から出るうま味で、だし汁いらずで、水で十分おいしくできます。春らしい、やさしい味わいの煮物です。

たけのこのそぼろ煮
★1人分193キロカロリー、脂質7.8グラム、塩分1.7グラム
材料(4人分)
ゆでたけのこ・・・3~4個(500グラムぐらい)
鶏ひき肉・・・200グラム
油・・・大さじ1/2
酒・・・大さじ3
水・・・1と1/2カップ
みりん・・・大さじ3
ショウガ汁・・・小さじ1
しょうゆ・・・大さじ1
塩・・・小さじ2/3
木の芽・・・20枚
たけのこのそぼろ煮
たけのこのそぼろ煮

<1>たけのこを切る
 たけのこは水気を拭き、根元は繊維を切断するように1.5センチ厚さの半月切りにする。穂先は縦4等分に切る。

<2>鶏ひき肉で煮汁を作る
 鍋に油を熱して、鶏ひき肉を入れ、菜箸でほぐすように炒める。ポロポロにほぐれて肉の色が変わったら酒をふり、水を加えてサッと混ぜる。煮立ってきたら火を弱めてアクをとる。

<3>たけのこを煮る
 (2)を中火にして、みりん、ショウガ汁、しょうゆ、塩で味をととのえる。ショウガの搾り汁を加えることで味が引き締まる。
 たけのこを加え、再び煮立ってきたらフタをして、弱火で15~20分煮る。
 つゆごと器に盛り、木の芽を散らす。

わたしの台所

たけのこのそぼろ煮

 穂先は軟らかく、根元のほうはコリッと歯ごたえがよくてほんのり甘みがあって・・・。旬のたけのこはとびきりのおいしさですね。

 ゆでるのにかかる時間は何本でも一緒なので、一度に多めにゆでて、保存しておきましょう。

 ゆでたたけのこは皮をむき、水が完全にかぶった状態で、密閉容器などに保存します。冷蔵庫内か涼しい場所におき、毎日水を取り換えることで日持ちがします。

 保存したたけのこは、3~4日のうちに食べきれば風味が落ちにくいもの。たけのこご飯、若竹煮はもちろん、牛肉と炒めたり、オリーブオイルとニンニクで炒めてスパゲティにしても。春の味覚、味わい尽くしましょう!

おおば・えいこ料理研究家

約30年のキャリアを持ち、和洋中エスニックとあらゆる家庭料理を身近な材料で作りやすく紹介する。『帰ってから30分で作れる晩ごはん献立』(成美堂出版)など著書多数。

毎週日曜日 中日新聞サンデー版に掲載

大庭英子のおいしい家ごはん

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る