オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
だしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
八代恵美子のだしマリネさえあれば誰でもかんたんレシピ
基本のだしマリネ®のつくり方

鶏ささみと椎茸の焼きびたし

 ささみのだしマリネ®はサラダに、お茶漬けに、重宝します。ごま油でさっと焼きつけて、焼きねぎ&焼き椎茸とともに風味のいいおだしも丸ごと味わえます。お好みで七味や粉山椒をプラスすれば更に美味しいですよ。

鶏ささみと椎茸の焼きびたし

<1>鍋にAを入れて、ひと煮立ちさせる。
<2>フライパンにごま油をひき、ささみを入れ、表面だけ焼いて、裂き、(1)に浸ける。
<3>(2)のフライパンで椎茸とねぎも焼く
<4>皿に(2)と(3)を盛りつけ、ひたし汁をかける。

材料(2人分)
鶏ささみ(表面を軽く焼いて、だしマリネ®2)・・・3本
椎茸(だしマリネ®1、1/4に切る)・・・4枚
ねぎ(だしマリネ®1、3cmのぶつ切り)・・・1/4本
ごま油・・・小さじ2

だしマリネ®のだし汁・・・100ml
醤油・・・大さじ1
みりん・・・小さじ1
七味唐辛子、粉山椒・・・お好みで適量

なすのだしドライカレー

 野菜だしの粉末はうま味はもちろん、破って使って水を加えることでピュレ状態になるので、カレーやソースには必ず使っています。ドライカレーも野菜だしを使えば、使う野菜が少なくても簡単に美味しく仕上がります。

なすのだしドライカレー

<1>サラダ油(分量外)をフライパンに入れて、中火にかけ、にんにく、生姜を入れて炒め、香りが立ったら、玉ねぎを加えてよく炒める。更にひき肉、なすを加え炒める。
<2>(1)にカレー粉、小麦粉を加え炒める。
<3>Aを入れて、汁気が少なくなるまで炒め煮する。

材料(2人分)
豚ひき肉(野菜だしの粉末でだしマリネ®1)・・・300g
なす(昆布だしの粉末でだしマリネ®1、1.5cmの角切り)・・・2本
玉ねぎ(みじん切り)・・・1個
にんにく(みじん切り)・・・1かけ
生姜(みじん切り)・・・1かけ
カレー粉・・・大さじ3
小麦粉・・・小さじ2

野菜出汁の粉末・・・1袋
酒・・・大さじ2
水・・・300ml
ウスターソース・・・小さじ2
醤油・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ1

スタイルアップアイテム

写真

 媒体の企画でリサーチしていた時に見つけた、セルリアンタワー東急ホテルの『食べる調味料』。ホテルの福田総料理長が“食文化の伝承”や“未来を担う子供達への食育をご自身のライフワークにされていらして、レシピからパッケージまで監修されたもの。食品添加物などは一切使わず、ひと瓶ひと瓶”毎日手作りで作られているものなんです。種類は「食べるポモドーロ」と「食べるオリーブオイル」、「食べるペッパービーフ」の3種類。どれもそのまま、ご飯やパンにのせたり、焼いたお魚やお肉に添えたりしても美味しいのですが、私のお気に入りは「食べるペッパービーフ」!グリーンペッパーが入っていて、ぴりっと辛味がいいアクセントになっています。茹でたパスタに絡めたり、ご飯と一緒に炒めて炒飯にすれば、最高に美味しいんです。こういう具と調味料を兼ねた商品は本当に便利ですね!1日数量限定なのでペストリーショップに確認をしてから、お買い求めを!ペッパービーフ(1500円)、オリーブオイル(1000円)、ポモドーロ(800円)。3本買えば木の箱に入り、お値段も3100円とお得です。
【電話】03-3476-3000(代表)

八代恵美子編集、ライター、フードクリエイター

八代恵美子
数多くの女性誌や実用書、書籍における食の分野で長年編集者として活躍。
これをもとに培った経験を活かし、人気生活情報誌「Mart」の創刊に携わり数々のブームつくりに貢献。近著に、自身初のオリジナルレシピ本「かんたんに極上の味わい茅乃舎だしで毎日ごちそう」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、「だしマリネでかんたん常備菜」(世界文化社)、 「極旨!ごちそうだしごはん」(主婦と生活社)がある。
atrio https://www.atrio-food.com/

だしマリネ®さえあれば誰でもかんたんレシピ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る