オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
神野三枝の今日も絶好調!
神野三枝の今日も絶好調!

第39回 五十の手習い

その頃、私は心が弱っていて、人と会いたくない日々を過ごしていました。ちょうど五十路を迎えた頃のことです。朝起きてため息をつき、音のない世界で1日を過ごし、日が暮れるのを待つだけの日々。社会とは一切交流を遮断し、引きこもっていた毎日。人に接触しないのでお風呂に入る必要もなく、食事も喉を通らないのでみるみる痩せていく身体。

そこで知ったのが、人間は食べないでいると身体が臭くなるという新事実。

脇から不快な臭いが漂い出したのです。そのニオイを例えるならエスニック料理にでも使われる何とも受け入れ難いキツイ香辛料のようなニオイ。さすがにマズイと思いシャワーを浴びたのですが洗っても洗ってもすぐに脇が強烈なニオイを発するのです。

どういうことだろう?

調べてみると、どうやら人間は摂取した栄養を燃やして生きるガソリンにしているのに、私のように栄養を取っていないと燃やす栄養がないため燃焼しないのです。身体から発するエスニック的な強烈臭は不完全燃焼の臭いだったのです。結局体重が10キロ減った時点でさすがにダメだと思い食事を取るよう強いて、人と接触しない時間帯の夜から順に少しずつ外の空気に触れるようウォーキングを始めました。そんな生活が数ヶ月過ぎた時思ったのです。

なぜ意識を変えようと努力をしているのに心が塞いだまま辛いのだろう?

そこで感じたのは社会と遮断した生活をしているため、気付けば一日中ずっと何もしない時間がありすぎてイヤなことばかり考えてしまっていたのです。こんなことを繰り返していても自分が生まれ変われるはずはない、イヤなことを考えないでいる方法はないか?そこで考えたのが新しいことを始めて余計なことを考える隙を無くすしかない、ということ。そのためには出来るだけ難しいことを始めたほうがいい。

さて、何を始めてみようか?

これまで仕事仕事の人生で心に余裕がないから他事を出来ずに生きてきた私。なるべく難しいことね??と考えた時、ふと頭をよぎったのが子供の頃の記憶。小学校の国語の授業か何かで「アリとキリギリス」の話を先生がしてくださった時に、バイオリンを弾きながら歌うキリギリスの姿がとても陽気で楽しげに感じたのです。興味を持った私は母親にバイオリンを習いたいと打ち明けました。ところが今から40年も前のこと。私の住んでいた町にはバイオリンを習う教室がなく、敢え無くバイオリンへの憧れは夢となって終わったのでした。

バイオリンか~。

難しそうだな~。なら、もってこいだ!よしチャレンジしてみよう!別にプロになるわけじゃない、今の私には何かに夢中になることが必要なのだから。そんな経緯があってバイオリンを習うことになったのでした。「五十の手習い」という言葉がありますが、まさにその通りで私の人生に加わったのがバイオリンでした。

人生80年と言われる今、人は明らかに昔よりも長生きになり、作家の五木寛之さんは著書の『林住期』の中で、古代インドでは人生を4つの時期に区切り、24歳までの「学生期」、49歳までの「家住期」、74歳までの「林住期」、90歳までの「遊行期」とし、人生の中で自分が本当にやりたかったことは何か?と問いかけるのが大抵「林住期」に差し掛かる時期で、これまでの生活のしがらみから離れて、本来自分が一番したいことに捧げる素晴らしい時期だと書いています。

確かに20代の半ばまでは学ぶばかりと育ててもらうばかりの人生で、40代まではとにかくがむしゃらに働き、気づけば無我夢中で走ってきた身体もガタがきて、自分の人生が永遠でないことを何となく感じるようになる50代。無茶が出来ないことを痛感して初めて生きる意識に穏やかさが備わり、人生について考える時期が来るのが50代かもしれません。

今、辞書には「六十の手習い」という言葉が載っています。晩学のたとえで、60歳になって勉強や稽古を始めること、とあります。その昔は寿命が短く人生五十年と言われていたため、「五十の手習い」という言葉が浸透していたのかもしれませんね。死を目前に何かを習いたいと思うというこの諺は、人は死ぬまで学ぶことが大事だとの教えなのでしょう。

きっかけは何でも構いません。何か新しいことを始めることが生き方の幅を豊かにしてくれるものです。人生の年月を道の長さと例え、経験の数を幅と例えると、人生の中に新しいことが加わるほど道幅が広がるのがわかりませんか?長い距離を生きていくだけでなく、広い幅のある人生を生きることでより豊かな一生を過ごすことができると想像できたなら、何か新たなことを始めてみましょう。

気楽な気持ちでいいのです、一歩前に踏み出すことが大事なのです。 一生に一度のあなたの大切な人生なのですから。

気負わず、焦らず、穏やかに。
さあ、今日も元気を出して、絶好調で!

(2019年11月18日)

大竹敏之コラム

神野三枝コラム

澤田貴美子コラム

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る