オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
登山女子ちさの今日も山日和♪

憧れの宮古島へ☆

2019年11月27日 20:15 | コメント(0)

ときどき・・・ふっと、ここに行きたいなあって地名が降りてくることがあるんですが(なんか、アヤシイ出だしcoldsweats01)。これまでも、高千穂とか、安芸の宮島とかがあったのですが、今回、急に降りてきたのが「宮古島」でした。最近ブームだとか、バブルだとか言われているようですが、自分が行くことを決めるまで、そんなこと全然知りませんでした~。

すると、宮古島に行くチャンスが舞い込んできたんです!!こ、これは呼んでもらえた?なんてwww

 

宮古島に行くのは、何気に2回目なんですが、前回は全然興味がなくて、行ってもピン!と来なかったのですが、

なんだろう~、やっぱり今回は自ら「行きたい!」って思っていたタイミングだったからかな?もう、宮古島に惚れて惚れて、すっかり虜になって、めっちゃくちゃ感動できた宮古島旅行になりました٩(๑>∀<๑)۶

これ!!私がスマホで撮ったんですよ~!!!すごいでしょ~!!自画自賛www

ホテルから、朝一人でお散歩に出ただけで、こんな奇跡みたいな景色に出会えたんですheart04heart04heart04宮古島ってスッゴイ!!!

足元を見ても、こんなに澄んだ水shine透明度にビックリしました。

 

見えますか???水族館か熱帯魚屋さんにいるような、青いお魚が肉眼で見えるんですよ~!!宮古島スッゴすぎる~!!!

たったの朝10分ほどの海鑑賞&お散歩で、すでに大満足、大興奮しちゃいました♡

 

今回、滞在日数も、フリーな時間も少なかったので、どこかの島1つだけに絞って、ドライブしようと決めて、レンタカーを借りました。(宮古島には橋でつながった島が5つあります。伊良部島、池間島、来間島、下地島)レンタカー屋さんに「1つだけなら何島がおススメですか?」ってきいたところ、「難しいねえ・・・でも、海の綺麗さなら池間島だよ」と言われ、素直に池間島に決定!!

滞在ホテルから一番遠い島だったし、伊良部島が一番観光できそうだし、私の中では池間島って選択肢はなかったのですが、ここは地元の方の意見に従いますよ!!

 

信号少ないし、道はわかりやすいし、気持ちよ~くドライブできる宮古島。レンタカー借りて良かったな♪なんて思っていると、不意に上の写真みたいな海が出てきました!!!ええ???何この青!!!

ま~さ~に!!池間島へ渡る橋の手前でした!!レンタカー屋さん、ぐっじょぶ!!本当に言われた通り、池間島に向かってよかった。信じられないほどの青!青!青!!

「限りなく透明に近いブルー」って小説がありましたが、ここは何だろう?限りなくグリーンに近くて、それでいて透明度があって、グレーとのコントラストも素敵で・・・一言では言い表せないブルー・・・。

一人ですから、残念ながら自撮りですweepお天気がスペシャル良くて、だからこその、この青さだったんでしょう!!太陽、ありがとう~!!!

池間島って、カツオが有名で、前回来たときはカツオの試食して終わった島、ってイメージだったのですが、今回はお土産物屋さんには目もくれず、キレイな海を探して車を走らせ、撮影したり眺めたりしているうちに、あっと言う間に4時間くらい過ぎていました。

 

まだまだお見せしたい写真が沢山あるので、後編に続かせてもらいますが、この海を見ていたら、これまでこれっぽっちも思ったことが無かった・・・「サーフィンやってみたい」なんて気持ちが出てきちゃいましたsweat01だめだめ、私、泳ぐの苦手だし、サーフィンなんて怪我も多いだろうし・・・

でも、あの綺麗な海ともっとたわむれたいよ~!!って、帰ってきてから毎日、宮古島の海を想っていたら、こんなもの見つけてしまいました。

床に貼るステッカーwaveこれでいつでも海辺に行けますwww部屋で泳ぐか~(*´艸`*)

 

ってことで、登山女子!!ここ数年山にしか興味なかった山女が、なんとビックリ!!海に目覚めてしまった宮古島旅行となりました。次回は、宮古島で経験した嬉しい話を、写真イッパイで書こうと思います。

 

つづく♪

 

 

<< 前の記事 次の記事 >>

麻生知沙

麻生知沙
登山を始めて1年強。どっぷり山にはまっています。
多いときは週3回。夏山から雪山まで登山を楽しむ知沙が、登山レポートや、登山仲間とのエピソード、登山道具についてなど書いていきます。 一応、本業はタレントですw

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る