オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
なごやのねたや福岡由美の“名古屋ネタ帖”

【グルメ】こつこつ庵|大分初心者はまずこの店で郷土料理を食すべし!~大分駅・府内~

2018年3月13日 06:14 | コメント(8)

どうも、Yumio@東京です。


さてさて、
先日の大分出張の際に、番組の打ち上げをかねて
「大分の郷土料理を食べてみたい!」
と訪れたのが、こちらの『こつこつ庵』でありました。


IMG_5216.jpg
▲この昭和感ただよう佇まいもなかなかいい感じ!
JR『大分』駅から車で3分ほど、繁華街に近く、
タクシーの運転手さんも場所をよくご存知の地元の有名店です。

(名古屋で例えるなら『味仙矢場町店』みたいな存在?)


IMG_5217.jpg
▲店内の壁という壁には焼酎瓶がズラリ!
ここまで並んでると、焼酎飲まなきゃ!って気分になるわ(笑)


IMG_5218.jpg
▲・・・というわけで、
焼酎水割り+大分名物『琉球』からスタート。

※ちなみに、本当は焼酎にかぼすを入れたいところ
今の季節は旬じゃないのでかぼすが無いんだって~。


ところで、『琉球』っていう大分料理、
みなさんご存知だったでしょうか?


これ、刺身の切れ端を一晩タレに漬けたものだそうで、
味が濃くて焼酎との相性バッチリ!

「どうして『琉球』と呼ぶのかは不明」らしいけど、
もともとは漁師メシだったと聞いて納得。
(余った刺身なら何でも漬けこんじゃうらしい)


お店によってタレの味が違うそうなので、
この『琉球』だけを食べ比べするのも楽しそうね。


IMG_5219.jpg
▲もうひとつの大分名物『とり天』もめちゃ美味!
本当は『だんご汁』まで到達したかったけど、
このあと遅れて合流する皆様と
別の場所で二次会の予定があったのでセーブしました。


定番郷土料理の他にもメニューが多くて
大分初心者にはぴったりな『こつこつ庵』。

どのメニューも美味しかった!

またいつかゆっくり行きたいなぁ。


info.jpg こつこつ庵
住所/大分県大分市府内町3-8-19
電話/050-5872-5312
営業時間/11:30~14:30 17:30~22:30
定休日/日曜日(翌月曜が祝日の場合は営業し月曜休み)
※2018年3月時点の情報です。


=============================================
本日の鉄ヲタ
=============================================

IMG_5181.jpg IMG_5187.jpg
IMG_5188.jpg
▲今回飛行機の時間がどうしても合わず、
名古屋~小倉~大分と約5時間かけて鉄道移動することに。
小倉まで新幹線、大分までは青いソニック号に乗り換え。

IMG_5192.jpg IMG_5191.jpg
▲座席も広くてしつらえもゴージャスでとっても快適!
・・・と思いきや、実はこのソニック号、
車体を自然に傾けることで空気抵抗を軽減しながら
スピードを上げるという『振り子式特急』という車両らしく
ウワサどおりめ~っちゃくちゃ揺れる!!!
小倉~大分の1時間半、仕事をしようとパソコン持参したけど、
「こりゃ、完全に酔う」と判断し、仕事は断念して爆睡。


IMG_5223.jpg IMG_5224.jpg
▲こうして到着した『大分』駅は、
構内のあちこちに鶏のオブジェが
(さすが鶏王国)
酉年生まれとしてはなんだか親近感湧くぜ(笑)


この翌日の竹田も含めて、1泊2日で『大分』を満喫。

あとはがんばってたまった取材原稿書き上げま~す。

<< 前の記事 次の記事 >>

福岡由美

福岡由美
ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

Comment コメント

EDE 2018年3月13日 16:58

こんにちは~
 
懐かしい大分。。
元彼と行ったわ~
りゅうきゅうも食べたし、
ビールととり天持ち込んでソニック乗ったなあ。

小倉駅はホームに立ち食いラーメンがありますが、
寄りました??


※ライター講座受けたいのですが、平日は
 厳しいです。。。土日開催も今後お願いします。。

福岡由美 2018年3月13日 17:06

■EDEさん
え~!立ち食いラーメンあるの?
気づかなかった(笑)
でも、かしわうどんはしっかり食べたよ!
※ライター講座、残念!!!!!
他にも土日希望とのお声をいただいてるので
文化センターさんに伝えておきますわ~(笑)

レナ 2018年3月15日 07:12

いつもブログみてます。全然今回のと関係ない内容ですが、以前
由美さんの再婚の時
(相手の変化に気づいていても、
"気づかないふり"をしたまま過ごせるようになってしまったことが
後になってから痛感した最大の反省ポイント)
と言ってましたが…
まさしく、「気づかないふり」している
現状です。子供が1人居て、生活のため
そうしてます…やはり良くないですかね??

福岡由美 2018年3月15日 10:08

■レナさん
コメントありがとうございました!

>「気づかないふり」している 現状です。

そうでしたか・・・
わたしも、荒波を立てることなく
日々の暮らしが穏やかならそれで良いと思ってそうしていましたが、
もしも・・・・・・・もっと早い段階で
ちゃんと夫婦で「相手の変化」についての話し合いをしていたら、
いまとはまた違う人生を送っていたのかな、と思います。
(私の場合、いまの生活が良い形で落ち着いているので、
結果的にはこの選択が正しかったのだと信じていますが・・・)

以下はわたしの個人的な意見なので、
アドバイスにはならないかもしれませんが、参考までに。

夫婦関係にもうひとり、別の第三者の存在が絡むようになると、
想像もしていなかった事態が起こります。

自分たち夫婦は「気づかないふり」をして
これからも穏やかに生活を続けることがベストだと思っていても、
その第三者の方が「どこへ進みたいか?」次第で、
こちらの想いに反し、夫婦関係が大きく変わってしまうんですよね。


もしも・・・レナさんがいま
夫婦関係を軌道修正したいお気持ちがあるなら、
1日でも早く話し合いをされると良いと思います。

攻めたり、問いただすのではなく、
夫婦の話し合いとして、冷静に。

ひょっとして荒療治かもしれませんが、
良い形の特効薬になることをお祈りしています。

レナ 2018年3月15日 16:15

返信とご意見ありがとうございます。

「気づかないふりする」
「言葉にする」
悩みますね…凹みます
仕事も集中力に欠け…

軌道修正の話し合いしたいですが、
言葉にした時、嘘をつかれるか、キレるか
←でダメになる事も覚悟出来た時かなと思います
子供の事もあるため、踏み出す足が重いです

福岡由美 2018年3月15日 22:28

■レナさん
ご返信ありがとうございます!

確かに・・・お子さんがいらっしゃるとなると
夫婦関係だけでなく、家族のこととして
慎重にタイミングを考えなくてはいけませんよね。

ちなみに、わたしの場合はずっと気づかないふりをしていて、
しばらくして遂に周りの友人たちから
「大丈夫なの?」と聞かれるようになってはじめて踏み出したのですが、
→実は複数の目撃証言が出てきまして・・・(笑)
結果的には、そのタイミングはすでに時遅しでした。

ひょっとしたら、もっと早い段階なら違った結果だったかもしれないし、
ひょっとしたら、遅かれ早かれ同じ結果だったもしれないし。
人生って、選択の連続ですね・・・

もし、レナさんが「踏み出さない」という決断をされたなら、
それも正しい選択なのだと思いますよ!
家族を守るための立派な手段だと思います。

レナ 2018年3月15日 23:38

返信ありがとうございます(^O^)
目撃情報まで出るとお友達から心配されますよね^^;
ずっと気づかぬふり…由美さんもどこかしらで
あれ?と思ったんですね。

まだ疑惑の段階ですが、でも私の感は当たってる
気がしてます
ただ、家事の役割、子育て、すべて今まで通り
やってくれてます…
帰宅はシフト通り帰って来ますし、家族みんな休みの日は
1人で出かけないですし…旦那さんは平日に休みがあり
子供を送ってから迎えに行く数時間があやしいです(笑)

もう少し冷静にそして、私がしわあせになれる方法を
もちろん子供の事も、考えたいと思います。
聞いてもらって、ありがとうございます(*´∇`*)

福岡由美 2018年3月18日 09:32

■レナさん
そうなんですよね・・・
疑惑の段階でも、妻のカンって確実に当たると思います(笑)
ただ、おそらく今のご主人は
“家庭優先”であることは間違いないと思うので、
もしもそのバランスが崩れはじめたら・・・「決断の時」かもしれませんね!

あ、ひとつだけアドバイスですが、
ずっと気づかぬふりをしていても、
怪しいと感じたときには、日時含めて
すべて記録に残すことをオススメします。
何ごともなければただの記録ですが、
何か起こったときには証拠になるので・・・(笑)

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です