なごやのねたや福岡由美の名古屋ネタ帖
なごやのねたや福岡由美の名古屋ネタ帖

Archives

福岡由美

ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

【旅】大河ドラマ『おんな城主直虎』で注目の井伊谷へ!~静岡県浜松市~

どうも、Yumio@名古屋です。


先日のこと。
浜松市内にある某物件の取材で、
井伊直虎ゆかりの『井伊谷』を巡ってきました!


201703DSC01679.jpg
▲まさか、お仕事とはいえ、
自分が大河ドラマゆかりの地を訪れて
「楽しい!」と思えるようになったとは・・・
改めて、トシとったもんだわぁ~(笑)
ちなみに、ここ井伊谷は、『浜松』駅から車で40分。
本当にのどかな山間の街です。
どちらかというと、新城とか愛知県の県境に近いのよね。

================================================

さて、ここからは、
春休みに『直虎ツアー』を考えている方のために、
効率の良い半日散策ルートをご紹介!


201703DSC01645.jpg

201703DSC01648.jpg
▲まず最初に目指すのは『井伊谷宮(いいのやぐう)』。
ここはドラマの中では登場しないけど、
境内に井伊家が私財を投じて創建したというお社があり
井伊家との関係が深い神社として知られているそう。
直虎ブームもあって、こちらの絵馬やお守りが人気です。
※ちなみに、『井伊谷宮』には
広い無料駐車場があるので、
ここに車を置いて移動するのがオススメ。


『井伊谷宮』の次に訪れるのは
大河ドラマの舞台のひとつになっている
※小林薫さん演じる南渓和尚が住職を務めるお寺ですな。

実は、『井伊谷宮』と『龍潭寺』は
敷地がつながっているので、
神社でお参りをしたあと、
そのままお寺へ進むことができるのであります。


201703DSC01654.jpg
▲『龍潭寺』の境内に入るといきなり井伊家の墓所が!
一番大きな墓石は初代・共保のもの。
直虎といいなずけだった直親の墓石(左側)は
隣り合わせになって寄り添っています。
(・・・って、直親さんの奥方もその隣で眠っているけど)

墓所を撮影するのもどうだかな~と思いつつ、
テレビで紹介されたこともあって、
順番待ちになるほどの記念写真スポットになっていたので
ワタクシもついシャッターを切ってしまった(笑)

201703DSC01658.jpg
▲しかし、『龍潭寺』を訪れてみてビックリしたのは、
京都の有名寺院にも負けないぐらい
隅々までお庭の手入れが行き届いていたこと!

201703DSC01662.jpg

201703DSC01669.jpg
▲南側には見事な石庭が、北側には池泉観賞式庭園が。
訪れたときはまだ芝も冬枯れの時期だったけど、
春から初夏にかけて、緑が生き生きと茂ると
もっと美しいだろうなぁ・・・このお庭は必見です!!!
(お庭を見学するときは600円の入館料がかかります)


そして、『龍潭寺』を出て5分ほど歩くと・・・


201703DSC01675.jpg
▲広い田んぼのど真ん中にも、記念撮影スポットが(笑)!

201703DSC01676.jpg
▲こちらは初代・共保が生まれたと伝えられている
すでに井戸は埋められてしまっているけど、
この井戸が旗印『井筒』の由来になったのだとか。

201703DSC01684.jpg
▲井戸を見学したら、『井伊谷宮』の駐車場へ戻り、
車で5分ほど移動して『城山公園』へ。
周辺で一番の高台に位置するこの場所には
『井伊城』があったんだって。
※今は城址の碑が建っているだけ。

201703DSC01685.jpg
▲浜名湖まで一望する眺望は最高!
直虎も眺めていたかもしれない
井伊谷の雄大な全景を満喫できます。


ただし、この『城山公園』には車で入ることができないため
山道に車を停車して頂上を目指すことに。

途中で息が切れるぐらいのかなり急勾配な坂道を
5分ほどかけて登るので
足腰に自信のない方はくれぐれもご注意を(笑)


201703DSC01688.jpg
▲地上に降りたら、今度は車で10分ほどの
ドラマのメイキング映像とか、ロケ地の紹介とか、
詳しく展示されているのでけっこう楽しめます。
入館料は500円。トイレ休憩にもぴったり(笑)
※場所は『浜松みをつくし文化センターホール』。


そして、JR『浜松』駅に戻る前に・・・


201703DSC01639.jpg

201703DSC01634.jpg
▲遠鉄『新浜松』駅そばにある浜松出世の館』へ。
ここでは、ドラマで使われた衣装の展示や
直虎グッズやお菓子が販売されているので、
お土産を買うのに便利かと(ここは入館無料)。


ここまでで、だいたい
所要時間6時間の散策コースです。


================================================


いや~しかしね。
(ワタクシも含めてですが)
のんびりした田舎町に突然観光客がドバっと押し寄せて、
井伊谷は大変なことになってた(笑)

改めて、大河ドラマの経済効果ってハンパないのね~!

でも、こうして地元でしか知られていなかった街が
(1年の期間限定であっても)脚光を浴びて、
地元の人たちが"地元の誇りを再認識できる"ってのは
本当に素晴らしいこと。


大河ドラマをご覧になっている皆さん、
名古屋からも気軽に日帰りできる距離なので、
井伊谷散策にお出かけになってみてはいかがでしょ?

けっこう楽しめまっせ~。
<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

みき: 2017年3月10日 08:31

由美さんお久しぶりです!
私も真田丸~直虎にかけてかなり大河にハマっている一人でして。。
龍潭寺は2年ほど前に訪れているのですがあの庭園は圧巻でしたね!
新緑の季節にお邪魔したのですが緑のコントラストが素敵でしたよ~
今は直虎の影響で凄い人なんでしょうね…私が行ったときには数名しかおりませんでしたが。
知らない間に浜松はエライことになっていたのですね~
いいプランを教えて頂きありがとうございます!

福岡由美: 2017年3月10日 19:00

■みきさま
お久しぶりですっ!
コメントありがとうございます!
龍潭寺、行かれたんですね!
わたしが訪れたときは、お庭を眺めるのも順番まちになるぐらい、
境内は観光客でごった返していましたが(笑)
静かな時にご覧になったらまた感動もひとしおだったのでは?!
大河ドラマ館も展示内容が充実していてけっこう楽しめました!
良かったらぜひ浜松餃子とセットで
直虎ツアーにお出かけになってみてくださいね~(笑)!

コメントを投稿