なごやのねたや福岡由美の名古屋ネタ帖
なごやのねたや福岡由美の名古屋ネタ帖

Archives

福岡由美

ライターエージェント(株)ヒューズ・エンタープライズ代表取締役
名古屋・東京を拠点にしてラジオ番組構成作家・住宅ライターとして活躍中。
グルメ・仕事・恋愛・結婚蘊蓄まで『なごやのねたや』が綴ります。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

【コラム】グループソウルを感じた、美宴主催『真田丸と信州の酒』の会!

どうも、Yumio@名古屋です。


先日のこと。

松坂屋名古屋店にある『札幌かに家』にて、
こんな楽しい酒の会に参加して参りました。


201612IMG_1315.jpg
▲主役はこの方、真田幸光先生。
酒の会のテーマは『真田丸と信州の酒』。
先生のこのお名前からして、
もう事情はおわかりでしょうか(笑)?


そうなのであります!
真田先生は、あの真田家の末裔。

今年の大河ドラマ『真田丸』で、
大泉洋さんが演じた『真田信幸』と、
吉田羊さんが演じた本田忠勝の娘『稲』の子孫で、
現在は経済学者としてご活躍中。

愛知淑徳大学でも教鞭を執っておられます。


201612IMG_1312.jpg
▲これはご近所友達でもある美宴の国際利き酒師
吉田綾子さんの企画によるもので、
"真田丸ファン"の歴史好きな皆さんが大集合!
真田先生の"真田家ウラ話"を酒の肴に、
真田家の故郷・信州のお酒を堪能しようという
とても楽しい会でありました。
※ちなみに、ワタクシは大河はチラっとしか観てなかったけど
うちの母・ふのりが大ファンだったので親子で参加。
(やすこさん、お誘いありがと~!)

201612IMG_1313.jpg

201612IMG_1319.jpg
▲信州5箇所の地酒を飲み比べ。
『真田丸』ブームのおかげで、
すっかり手に入らなくなってしまったという幻の『真田六文銭』も、
綾子さんのご尽力でこの日いただくことができました!

201612IMG_1316.jpg
▲『札幌かに家』、初めてお邪魔したけど、
お造りに、かに酢、かにグラタン、かに茶碗蒸し・・・
豪華かに尽くしでとっても美味しかった~!
お酒はもちろん、お料理も大好評!


================================================


ところで、
この日の主役・真田先生は、日ごろから教壇に立ったり
講演を行ったりされているので、とてもお話し上手!

終始トークに惹き付けられて本当に面白かったんだけど、
中でも一番興味深かったのは、
真田先生のおばあ様が、
上杉家直系の末裔でいらっしゃったということ。

つまり、古くから因縁のある
真田家のご子息と、上杉家の令嬢が
約400年の時を経て出会い、
上杉から真田へ嫁入りしたというのだ!


「おじい様・おばあ様は
お見合いで出会われたのですか?」とたずねると、
「いえいえ、二人は大学時代に知り合ったようで、
熱烈な恋愛結婚だったと聞いています。
祖母の一目惚れだったようです(笑)」と、真田先生。


しかも、
真田先生が某大手メガバンク勤務時代、
直属の上司だったのは、
"徳川家直系の松平さん"という方だったそうで、
「伊達家の直系の伊達さんともご縁がありまして・・・」
と、戦国武将の子孫たちは
現世でも"意図せずに"つながっている様子。


そこでふと思い出したのが
『グループソウル』という言葉。

『グループソウル』というのは、
日本語で表記すると『類魂』となるそうで、
その魂が受け継いできた使命を果たすために
"生まれ変わるたびに出会う魂のグループ"
といった意味があるらしい。

つまり、現世で恋人同士の二人が前世では親子だったり、
現世はライバル同士の二人が前々世では親友だったり、
そのときそのときで関わり方は違うものの、
必ずそのグループに属する魂は
揃って同じ時代を生きてつながっていく・・・
という、ちょっとスピリチュアルな用語だ。


真田先生のお話を聞いていると、
まさに『グループソウル』的なファンタジーが感じられたし、
何より、"ああいうお家柄の方たちは
ああいうお家柄の方たち同士で
ちゃんとつながるようになってるんだな"なんて、
『グループの違い』をつくづく痛感したのでありました。


================================================


しかし、
上杉さんやら、松平さんやら、伊達さんやら、
みんな現世でもつながっちゃうとなると、
初対面で挨拶を交わすときには、
"あ、うちの先祖があの時はどうも無礼をいたしまして・・・"
という会話になってしまいそうだけど(笑)

真田先生によると、「実は、祖母からは固く
"先祖のことは他人に話すな"と言われていました。
なので、今日のこの会は、祖母の遺言を破って
皆さんにお話していることになります。
バチが当たったらどうしよう・・・」とのこと。

先生のキャラクターがとってもチャーミングで、
会場は終始明るい笑いに包まれておりました。


ワタクシ、まったく歴女じゃないけど、
先生のお話を聞いてたら、
もっと日本史のこと勉強したくなっちゃた。
単純です(笑)

真田先生、
楽しいお話をありがとうございました!


================================================
本日の会場
================================================

201612IMG_1310.jpg
本館の10階にございます。
<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿