オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

小布施堂の朱雀モンブラン

2018年9月25日 10:00 | コメント(0)

2018-09-23.jpg

 小布施堂って、栗鹿の子とか栗のお菓子が有名ですよね。よくお土産で頂くことが多いです。

 一度、長野に行ったときに、お店に寄ったかな。

 そのお店に、この時期だけのモンブランがあるそうなのです。以前、会社の男子が、小布施堂のモンブランは美味しいと!言っていたので、松坂屋で見つけたとき、つい飛びついてしまった私。限定品には弱いのよね。

 なかなか大きなモンブランで、しかもお値段が1620円!!

2018-09-231.jpg

 ケースから、上手に出さないと、モンブランが崩れてしまいます・・・繊細なんですね。

 なんでも、新栗の仕込み時季、小布施界隈でしか味わえない究極の味「栗の点心 朱雀」を和モンブランに仕上げたものなのだそうです。

 ですから、どこでも食べられるものではない、貴重なモンブランなのだそう!

2018-09-232.jpg

 一口頂くと、今まで知ってるモンブランの味でなく、栗きんとん~!!

 栗の味わいが広がります。栗そのものの甘味を引き出しているので、甘さ控えめで、シンプルな味わい。モンブランの濃厚さを予測していたら、あれれ・・・。中のクリームも控えめで、さらっとした味わいです。

 

2018-09-233.jpg

 栗きんとんがモンブランになった朱雀モンブラン。いかにも和風モンブランですね。

 しかし、1個は大きすぎ!欲張って一人じめはできないな~

 

 小布施堂のブログはコチラ

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る
月です