オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

繊細な20世紀の彫刻家ジャコメッティ展!

2017年11月12日 10:00 | コメント(0)

2017-11-11.jpg

 現在、豊田市美術館で開催されています「ジャコメッティ展」

 20世紀の彫刻家として知られていますが、絵画や版画も出がけているようです。

 自宅から豊田市美術館は、やや遠いのですが、せっかくの機会なので、行ってまいりました。

 豊田市美術館は、昨年、リニューアルされており、それを見るのも楽しみ♪

 この美術館は、建物自体が素敵なんです。

2017-11-111.jpg

 階段を昇った上のフロアでジャコメッティは展示されています。

 第一次大戦前は、シュールレアリスムと言われていたそうです。確かに、女性の彫刻、彼のとらえる女性像が、どことなくスプーンみたいなのです。

 そして、その後、針金のような繊細で長~い彫刻、これは実存主義の作品と言われているそうですが、この作品が沢山展示されていました。

2017-11-112.jpg

 実現しなかった「チェースマンハッタン銀行のプロジェクト」のために制作された3体の彫像のうちのひとつです。

2017-11-113.jpg

 細~い女性像。これもです。

2017-11-114.jpg

 細~い犬です。なんか、可愛い!!

 大変多才なジャコメッティ、その才能を、この美術館では堪能することができます。

2017-11-116.jpg

 さてと、外にでましょう。

 美術館の外観です。もう!!すっごく素敵!

 この近代的な建物にジャコメッティは、とても合いますね。

2017-11-117.jpg

 なんて素敵な光景なんでしょう!

 美術館内には、こんな池があり、ほっとしたひと時を作ってくれます。

 外を歩くのって、気持ち良い~

2017-11-1110.jpg

 池の周りを歩くと、こちらは、少し色づいた木々を見ることができます。

2017-11-118.jpg

 そして、別館では、漆芸家の高橋節郎さんの作品展が開かれています。

 この方の漆作品、言葉で言い表せないほどの素晴らしさです。漆が、お花や星でアレンジされてるところ、とても素敵です。

2017-11-119.jpg

 こちらは、高橋節郎の展示室の途中の中庭。

 さりげなくアート作品が飾られたりして・・・すべてが芸術的!

2017-11-1115.jpg

 そして、さらに奥へ歩くと、お茶室があります。

2017-11-1113.jpg

 立礼のお茶席が用意されており、お茶を頂くことができます。

2017-11-1112.jpg

 折角なので、お茶とお菓子頂きました。

2017-11-1114.jpg

 お茶席の外は、見事な庭園。

 紅葉には、少し早いようですが、かなり色づいていて綺麗!

 秋の紅葉も楽しめて、素晴らしいジャコメッティの作品を拝見でき、有意義な時間を過ごせたことは確かです。

 少し遠いですが、この作品展、それに高橋節郎展も、あ、それから常設展では、クリムトやオスカー・ココシュカの作品も見ることができ、これ、行く価値大いにあり!!

 12月24日(日)まで開催中です。

 豊田市美術館のHPはコチラ

<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る