バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

Archives

荒川裕子

名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

最近のエントリ

カテゴリ

アーカイブ

<< 前の記事 次の記事 >>

アマンガラで頂く朝食

2017-05-0214.jpg
 スリランカ、ゴールのアマンガラの話題が続いてしまいますが・・・
 それは素晴らしいホテルでした。

 たった1日の滞在でしたので、すべてが夢のように美しい思い出です。

 上のお写真は、アマンガラのテラス前の道路と広間。
 朝日が心地よい1日の始まり。
 ところが、朝の7時ごろは、意外にも車の往来が多く、学校も近くにあるせいか、学生たちでいっぱいでした。
 少し落ちついたころ、前の芝生で男の子たちが体操をしています。

2017-05-0213.jpg
 朝のダイニング。
 やはり朝食は、テラス席で頂きます。

2017-05-0215.jpg
 フレッシュジュースとミルクティー
 ここでの朝食は、メニューからチョイスします。
 普通のコンチネンタルとスリランカタイプとありました。

2017-05-0216.jpg
 スリランカなので、私は、やはり地元らしい朝食にしました。
 ストリングホッパーです。
 これにカレーをかけていただきます。
 ニゴンボでも頂きましたが、ここ、アマンガラはよりお上品な感じがします。
 カレーは卵のカレーでした。

2017-05-0217.jpg
 スリランカオムレツも頼んでみました。
 青唐辛子入りの辛いオムレツらしいですが、これは、さほど辛くありませんでした。
 朝だからなのかな・・・

2017-05-0218.jpgのサムネール画像
 穏やかな朝です。
 コチラの支配人の奥様とお母様がいらしていたのか、ホテルのスタッフさんたちとエントランスで写真を撮っていました。
 なんとも微笑ましい限り。
 スタッフさんたちは、皆、素直で真面目です。
 アマンファミリーと言われる所以がこれなのかな。

 テラス席に、朝日がまぶしくなってきたら、支配人さんが、すぐスタッフさんに日除けを下げるよう命じてくれました。
 ホスピタリティという言葉がぴったりときます。
 ここでの滞在のどこを切り取っても、ほのぼのとした心暖まる思い出がよみがえってきます。
 
 スリランカまで遠いけれど、もう一度訪ねてみたくなるホテルでありました。
<< 前の記事 次の記事 >>
コメント

コメントを投稿