オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
バリキャリOL裕子の“仕事もオフも120%”

リッツ・カールトン・バリのお部屋

2017年1月11日 10:00 | コメント(0)

1-2016-12-3114.jpg 年末年始に滞在したリッツ・カールトン・バリでは、新年を迎えるにあたって、手書きのレターとニューイヤーのロゴいりマカロンの差し入れがありました。
 なんだか嬉しくなりますね!

 深夜にホテルに到着して、お部屋に案内されたときも感動そのもの!

1-2016-12-3115.jpg
 入るなり、とてもゆったりとした空間。
 あまり広いと落ち着かないので(貧乏性が出るわ~)、一番狭いタイプのお部屋にしたのですが、この広さ!

1-2016-12-3116.jpg
 カーテンを開けると、こんな感じ。
 南国らしい涼やかな室内です。

1-2016-12-3112.jpg
 入口の方を見ると、このようになっています。
 向かって右手が、バスとシャワールーム、左手が、シンクとドレッシングルーム。
 入口は、廊下の突き当り右で、ドアの向かいには鏡があって、お出かけ前に、姿見チェックができるようになっています。

1-2016-12-3118.jpg
 シンクと奥は、ドレッシングルーム。

1-2016-12-3120.jpg
 こちらがドレッシングルーム。
 沢山滞在しても良いように、ハンガーもしっかり。
 プールへお出かけ用に、イ草のバックと帽子もありました。
 バリらしいのは、虫よけスプレーの用意もしてありました。流石です。

1-2016-12-3119.jpg
 しっかり寝て入れます、このバス。
 ただ...難点が・・・南国ゆえか、お湯がぬるいのです。
 ワタクシ、アッツアッツのお湯で、カラスの行水タイプなので・・・寒くて仕方ありませんでした。(涙)

1-2016-12-3124.jpg
 コーヒーメーカーは、ILLY。
 いつでもコーヒーが入れられるように、お水も用意されています。
 アースペールにも、氷が入っていました。
 さすが、かゆい所に手が届く・・・リッツです。

1-2016-12-3122.jpg
 お水もあらゆる所に用意されています。
 しかも、この茶筒のような入れ物に入っているのです。
 なんかお洒落ですね。

1-2016-12-3121.jpg
 そして、ベランダです。
 どのお部屋にも、ベランダがあり、1階はプライベートプール。
 なんとも贅沢な空間で、心地よい時間を過ごしたのであります。

1-2016-12-3113.jpg
お部屋からの眺め。
長時間かけて、ここまで来た甲斐があったと感じる瞬間です。
<< 前の記事 次の記事 >>

荒川裕子

荒川裕子
名古屋を中心に活動する会社員。オンは“鉄の女”と化し、オフは弾丸海外旅行、好きなワイン、花を中心に楽しむ。時にオヤジのごとく呑兵衛となる。オンオフを全力で楽しむ様子を、人生のテーマである「エレガント」目線で綴ります。

Comment コメント

Blog Recent Entries 最新記事

Category カテゴリー

Archives アーカイブ

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る