オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

セイウチが恋の後押し☆

バレンタインにちなみ、背中をたたいて応援

セイウチに背中をたたかれる来館者=伊勢市二見町江の「伊勢シーパラダイス」で

 三重県伊勢市二見町江の水族館「伊勢シーパラダイス」で14日のバレンタインデーにちなみ、セイウチが来館者の背中をたたいて、恋の後押しをする「恋の応援イベント」が行われている。3月14日まで。 (足達優人)

 同館は縁結びのシンボル「夫婦岩」のある二見興玉神社に隣接。昨年10月に、両目部分がハート形に見えるコイを来館者が発見し、会員制交流サイト(SNS)で発信したところ、一躍話題になった。

 今回は「ハートのコイ」にちなんだ「恋」にまつわる企画。体長2.3メートル、体重約680キロの雌のセイウチ「ヒマワリ」(18歳)が、「恋愛成就」と書かれたハートのパネルを持った希望者の背中をたたき、恋を応援するというもの。1日に3回あるふれあいイベント「セイウチお散歩タイム」のうち、午後1時15分からの回で実施している。

 飼育員の田崎優里さん(22)は「恋に限らず、大切な人に普段伝えられていない思いを届ける後押しになればいい」と話した。

 同館広報によると、伊勢シーパラダイスは1989年、全国の水族館で初めて柵の外に動物を出し、じかに触れあえるイベントを実施した。現在もセイウチのほか、アザラシやカワウソとのふれあい体験も行っている。


(2019年2月7日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る