オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

ペイペイ再び100億円還元

本人確認「対策講じた」

 ソフトバンクとヤフーが折半出資するスマートフォン決済サービス「ペイペイ」は4日、再び利用者に総額100億円分のポイントを還元するキャンペーンを12日に始めると発表した。昨年12月にも100億円分のポイント還元を実施し、不正利用が相次いだばかり。被害規模も明らかにしていない段階だが、不正対策を講じたと説明している。

 決済した額の最大20%分のポイントを付与する。還元額の上限は1回の買い物につき1000円相当(決済額5000円)、1人当たり総額5万円相当(同25万円)とし、日常的な利用を促すという。期間は5月末までだが、還元額が100億円に達した時点で終了する。

 前回は、1人当たりの還元額に上限を設けなかったため一部利用者の高額決済が目立ち、わずか10日で100億円に達して終わった。この間、本人確認が甘く、外部に流出していたクレジットカード情報による不正利用が急増。経済産業省関係者によると、被害額は数億円。同社はカード会社との調査結果が確定する3~4カ月後に公表するとしている。

 ペイペイは、買い物時に客がスマホでQRコードを読み取り、事前に登録したクレジットカードなどから代金を引き落とす仕組み。カード現物は不要なため不正に利用されやすい側面があるとされる。今回、クレジットカードを登録する際、利用者がカード会社に届けてあるパスワードの入力を求めるなどの対策を講じたという。

(2019年2月5日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る