オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

インフルエンザ流行が本格化

1週間で44万6000人受診

グラフ

 厚生労働省は9日、全国約5000の定点医療機関から2018年12月24~30日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり11.17人となり「注意報」レベルとされる10人を上回ったと発表した。全国で流行が本格化した。

 1週間で推計約44万6000人の患者が医療機関を受診した。前週の約31万3000人から10万人以上増えた。今シーズンの推計患者数の累計は約106万人となった。

 年末年始の交通機関の混雑、企業や学校の再開で、流行がさらに拡大している恐れもある。

 厚労省は動向を注視するとともに、こまめな手洗いや、せきやくしゃみが出るときはマスクを着けるといった「せきエチケット」の徹底を呼び掛けている。

 インフルエンザは例年、1月末から2月上旬にかけて流行のピークを迎える。

 都道府県別で1医療機関当たりの患者数が多いのは北海道(32.07人)、愛知(30.45人)、岐阜(20.33人)、熊本(14.53人)、三重(13.68人)の順。43都道府県で前週よりも増えた。

 直近5週間に検出されたウイルスは09年に新型として流行したA型が最多だった。

(2019年1月10日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る