オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

吉田沙保里、引退

レスリング女子、五輪3連覇 10日に記者会見

現役引退を表明した吉田沙保里のツイッター画面
現役引退を表明した吉田沙保里のツイッター画面

 レスリング女子で五輪3連覇を含む16大会連続世界一に輝き、2012年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里(36)=至学館大職=が8日、自身のツイッターで現役引退を表明した。吉田は「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と投稿。10日に東京都内で記者会見する。

 三重県津市出身の吉田は3歳でレスリングを始め、14年3月に亡くなった父・栄勝氏の指導で力をつけた。01年に中京女子大(現至学館大、愛知県大府市)に進み、栄和人氏に師事。高速タックルを武器に02年の世界選手権で初優勝した。五輪では女子が正式種目となった04年のアテネ大会から3連覇した。

 12年に世界選手権を10連覇すると、五輪3連覇と合わせアレクサンドル・カレリン(ロシア)を超える史上初の13大会連続世界一を達成。カレリンの異名「人類最強」にちなみ「霊長類最強女子」と呼ばれ、同年に国民栄誉賞を受賞した。

 15年末で所属したALSOKを退社し、4連覇を目指した16年リオデジャネイロ五輪では銀メダルに終わった。その後は休養に入り、選手兼任で日本代表コーチに就任。16年11月から昨年8月末まで至学館大の副学長も務めた。今後については「改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と記した。

ロンドン五輪レスリング女子55キロ級で金メダルを獲得、五輪3連覇を果たし笑顔の吉田沙保里=2012年8月(畦地巧輝撮影)
ロンドン五輪レスリング女子55キロ級で金メダルを獲得、五輪3連覇を果たし笑顔の吉田沙保里=2012年8月(畦地巧輝撮影)

 代名詞の高速タックル。通常の選手と違い、驚異的な脚力を持つ吉田には予備動作がない。だから、防ぎたくても防げない。タックルを受けてもつかみにくくするため、脚にオイルを塗る外国人選手もいたほど、切れ味は鋭かった。

 強力な武器で連勝街道を突っ走った。白星を重ねる中、「記録を残すことで注目される。できるところまでやっていく」と連勝や連覇にこだわった。レスリング界を引っ張る、強い自負心をのぞかせた。

 存在は競技者の枠だけにとどまらなかった。同世代で、求道者のように競技に徹する五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=とは対照的に、積極的にメディアに登場。オリコン社の昨年の「好きなスポーツ選手ランキング」で3位に入るほど影響力は健在だ。

 「レスリングが人気になり、競技者が増えたのは吉田選手のおかげ」と日本協会の西口茂樹強化本部長はたたえる。吉田にあこがれ、登坂絵莉(25)、土性沙羅(24)=ともに東新住建=ら五輪金メダリストも出た。

 リオ五輪決勝では得意のタックルに入れず。「らしさ」を失った試合が、最後の姿となった。

 昨年には恩師の栄和人氏のパワハラ騒動で女子レスリング界が揺れたが、苦境に立ち向かうように日本代表コーチとして後進を指導した。

 4大会前に五輪の正式競技となった女子レスリングは、すっかり日本のお家芸になった。その成長の軌跡を先頭で描いてきたのが吉田だった。(多園尚樹)

(2019年1月9日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る