オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

幻想的☆きらめくガーデンふ頭

名古屋港のイルミネーション 12月25日まで

名古屋港ポートビルと光の競演をするイルミネーション=港区港町1のガーデンふ頭つどいの広場で
名古屋港ポートビルと光の競演をするイルミネーション=港区港町1のガーデンふ頭つどいの広場で

 名古屋港ガーデンふ頭つどいの広場(港区港町1)で8日、イルミネーションが始まる。光の天井が姿を現し、ライトアップされた名古屋港ポートビルと競演する。25日までの期間中には趣向を凝らしたイベントもめじろ押しで、多くの来場を呼び掛けている。

 冬のにぎわいにと名古屋港管理組合などでつくる実行委員会が、毎年事業者を公募して実施。今年は広場に約6万個のLED電球を設置し、青や白、紫の光を天井のように上空に張り巡らせた。中央にはクリスマスツリーを配置し、随所に光の柱を立て、幻想的な雰囲気に仕上げた。

 8日には点灯式とオープニングイベントを実施。市内を中心に活動するアイドルグループ6組によるライブがある。22日にはコスプレーヤーが集まる「冬コス」を開く。撮影スポットを設置して、撮影会やアニメソングのDJプレーが楽しめるようにする。23日は「ゾンビナイト」。ゾンビの姿に扮(ふん)した大学生たちが広場内を歩いたり、ダンスしたりする。参加者がゾンビ風のメークをできるコーナーもある。

 実行委の担当者は「初めてのイベントばかりで、来場者は少し変わった体験ができる。多くの人に港へ遊びに来てほしい」と呼び掛ける。来場は無料。点灯時間は午後4時半~9時。(武藤周吉)

(2018年12月7日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る