オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

ビール飲んで子ども食堂に寄付!

「ハッピーリングチャリティ」開会式

チャリティーの成功を願って乾杯する関係者ら=名古屋・栄で
チャリティーの成功を願って乾杯する関係者ら=名古屋・栄で

 東海3県の飲食店が生ビールの提供量1リットルごとに1円を子ども食堂に寄付する「ハッピーリングチャリティ」の開会式が名古屋・栄のレストランであり、子ども食堂の運営関係者ら30人が生ビールで乾杯して多くの寄付が集まるように願った。

 業務用酒類卸売のマルト水谷(愛知県春日井市)が主催し、2年目。同社からビール提供を受ける東海3県の2300店が来年2月末まで協力する。昨年は2170店から集めた413万円を3県の食堂運営39団体とあいち子ども食堂ネットワークに寄付した。

 寄付金は食堂の無料化や調理器具購入に生かされたといい、同ネットワークの杉崎伊津子共同代表はあいさつで「子ども食堂はどこも限られた資金でやっているので、この取り組みは砂漠の中のオアシスのような存在」と感謝した。

 子ども食堂は、地域住民や福祉団体が無料または低価格で地域の子どもに食事や居場所を提供する場で、活動は全国に広がっている。

(2018年11月7日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る