オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

即時振り込み、24時間可能に

500金融機関が参加

 全国銀行協会(全銀協)は9日から、全国の金融機関が接続するシステムを更新し、24時間365日いつでも即時に振り込みができるようにする。土日祝日や深夜でも資金の決済が可能になる。

 実際に24時間の振り込みに対応するには金融機関側の体制整備が必要で、当初は三菱UFJ銀行や三井住友銀行などの一部にとどまる。残る金融機関は当面、これまで平日午後3時半までだった受付時間を午後9時までなどに拡大する。

 例えば、インターネット通販で代金の入金を確認後に商品を発送するケースでは従来より早く受け取れるというメリットがある。一方で全銀協は、平日夜間や土日祝日を狙った振り込め詐欺が発生する可能性も懸念し、警戒を呼び掛けている。

 新システムに参加するのは大手銀行に加え、地方銀行89行、ネット系銀行、信用金庫、信用組合など計約500の金融機関。自行のシステムを移行中のみずほ銀行などは当初は参加しない。

(2018年10月8日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る