オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

タイ洞窟、13人全員救出

閉じ込めから18日目「関わったすべての人に感謝」

 【チェンライ(タイ北部)=山上隆之】タイ当局は10日、チェンライ郊外のタムルアン洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年らの救出作業を再開し、新たに5人を脱出させ、13人全員を救出したと明らかにした。少年12人と男性コーチ(25)が閉じ込められてから18日目。世界中が見守った救出劇は、全員が奇跡の生還を果たした。

 「13人全員を無事に救出しました。みんな元気です。捜索に関わったすべての人に感謝します」。現場責任者のナロンサク・前チェンライ県知事は10日午後9時半(日本時間同11時半)から記者会見し、全員救出を発表、国内外の支援に謝意を示した。海軍特殊部隊などは8日と9日にそれぞれ4人の少年計8人の救出に成功。少年4人とコーチが10日まで閉じ込められていた。救出作業は午前10時(日本時間正午)すぎに再開。海軍特殊部隊と各国からの潜水士チームが少年らのいる場所に向かった。少年らそれぞれに潜水士2人が付き添い、約5キロ先の洞窟出口を目指した。作業は少年4人を先に脱出させ、続いて男性コーチ、洞窟内で少年らに付き添っていた医師1人と潜水士3人も脱出を図る手順で進めた。

 タイ保健当局は10日の記者会見で8、9日に救出され入院している少年8人の健康状態について、いずれも良好と発表した。10日に救出された5人も約60キロ離れたチェンライ中心部の同じ病院にヘリコプターで搬送された。

 11~16歳の少年12人とコーチは6月23日、サッカーの練習後に洞窟に入り、連絡が取れなくなった。雨で洞窟内の水位が上昇し閉じ込められたとみられ、10日目の7月2日に捜索中の英国人潜水士が発見。排水作業で洞窟内の水位を下げながら、海軍などが少年らに潜水技術を教え、空気ボンベも運び入れ救出作業を行った。

(2018年7月11日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る