オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

河川氾濫恐れ、スマホに速報

河川事務所が配信開始

洪水情報のプッシュ型配信のイメージ
洪水情報のプッシュ型配信のイメージ

 国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所(岐阜市)は5月から、木曽川や長良川、揖斐川、根尾川に氾濫の恐れがあるときや氾濫した際、携帯電話やスマートフォンに緊急速報メールを送るサービスを始めた。流域住民に素早く情報提供することで主体的な避難を促し、被害を防ぐ。

 受信者側が要求しなくても、発信者から情報が携帯電話やスマートフォンに配信される「プッシュ型配信」の仕組みを活用。配信エリア内のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(ワイモバイル含む)の使用者が対象となる。対象河川の水位が「氾濫危険水位」に達したり、氾濫したりすると、同事務所が直接、各携帯電話会社に情報を配信する。

 2015年9月、茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊し、住宅5000棟以上が全半壊した関東・東北豪雨を受け、国交省が全国各地で洪水情報のプッシュ型配信を始めている。同事務所からはこれまでは関係市町村や報道機関にしか洪水の情報が流れず、一般市民はテレビやインターネット、ラジオで情報を取得するか、各自治体の情報に頼るかするしかなかった。

 同事務所の勅使河原雅敏保全対策官は「逃げ遅れることが無いよう、サービスを活用してほしい」と話した。 (下條大樹)

(2018年5月16日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る