オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

エヴァ新幹線「完」

多くのファン集まる JR西日本

写真

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をイメージしたJR西日本の500系山陽新幹線こだま号が13日、運行を終えた。新大阪-博多間のラストランを見ようと多くの人が両駅に集まった。当初は昨年3月の終了予定だったが、国内外のアニメファンらの根強い人気を受け、継続していた。

 エヴァ新幹線は、山陽新幹線の全線開業40周年を記念して2015年11月に運行を開始し、新大阪-博多間を1日1往復してきた。紫色を基調とした外装は、アニメの主人公が乗る兵器「エヴァンゲリオン初号機」を模したもので、アニメの世界観が味わえると外国人旅行客からも好評だった。

 新大阪駅では約1200人が出発を見送った。最終列車は午後3時38分、約500人に迎えられ博多駅に到着。東京都の会社員(23)は「最後に乗れて良かった。特別な時間を過ごせた」と満足げだった。

(2018年5月14日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る