オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

中日劇場 完

~万感の52年

閉場式を終え、観客の拍手の中、深々と頭を下げる出演者と劇場関係者ら=25日夜、名古屋・栄の中日劇場で(榎戸直紀撮影)
閉場式を終え、観客の拍手の中、深々と頭を下げる出演者と劇場関係者ら=25日夜、名古屋・栄の中日劇場で(榎戸直紀撮影)

 名古屋の芸能の中心を担ってきた中日劇場(名古屋市中区)で25日、最終公演があり、52年の歴史に幕を下ろした。新聞社が運営する全国唯一の常設劇場として、芝居に歌謡ショー、伝統芸能など多様なジャンルを上演し、数多くの俳優や歌手が舞台に立った。

 最終公演は、1966(昭和41)年のこけら落としと同じく、名古屋で活動する日本舞踊の五流派が勢ぞろいする中京五流舞踊。昼夜2公演で計50人が踊りを競い合った。満席の客は盛んに拍手や掛け声を送り、最後の公演を楽しんだ。

 公演後の閉場式では、西川流前家元の西川右近総師が納めの舞として「島の千歳(せんざい)」を披露。中日新聞社の白井文吾会長のあいさつに続いて、出演者と観客ら全員で手締めをして劇場に別れを告げた。

 中日劇場では52年間に2200以上の公演があり、約2340万人を動員した。「名古屋三座」と呼ばれた名古屋市内の大規模な三劇場は、2015年の名鉄ホール(同市中村区)に続いて中日劇場が閉場し、4月1日からこけら落とし公演が始まる新しい御園座(中区)のみとなる。

(2018年3月26日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る