オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
トピックス 中日新聞ニュース

アルマーニ8万円制服

東京銀座・公立小 苦情、苦言相次ぐ

東京・銀座の中央区立泰明小が採用を決めた「アルマーニ」デザインの標準服。(右)は男児冬服、(左)は女児冬服=泰明小提供 東京・銀座の中央区立泰明小が採用を決めた「アルマーニ」デザインの標準服。(右)は男児冬服、(左)は女児冬服=泰明小提供
東京・銀座の中央区立泰明小が採用を決めた「アルマーニ」デザインの標準服。(右)は男児冬服、(左)は女児冬服=泰明小提供
 東京・銀座にある中央区立泰明小学校がイタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインした高額な"制服"を今春から採用することを決め、保護者から「負担が重すぎる」との苦情が寄せられていることが、中央区教育委員会への取材で分かった。帽子やバッグなどを含めると一式8万円を超え、国会で野党議員が取り上げるなど物議を醸している。

 区教委によると、同小の制服は着用が義務付けられていない標準服。校長から昨年夏に変更の意向を伝えられた。区教委はPTAや地域住民と十分話し合うよう指導したが、その後、保護者から「なぜアルマーニなのか」「十分な説明がない」などの苦情が5件あった。校長はこれまで区教委に「『銀座の学校』としての標準服を作りたいとの思いで、百貨店を回った結果、アルマーニが引き受けてくれた」と説明したという。

 国会でも8日、この話題が取り上げられた。衆院予算委員会では、希望の党の寺田学氏が「公立小である程度の(保護者負担の)幅を考えないといけない」と指摘。麻生太郎財務相は「はっきり言って高い。1人だけ買えない人が出ると難しい」と答弁した。

 泰明小のホームページには校長名で「説明が足りなかったとの指摘は謙虚に受け止め、丁寧に説明する」などと記した文書がアップされた。

泰明小が導入するアルマーニの標準服価格
男子用
上衣      25920円
半ズボン(冬)  9180円
半ズボン(夏)  8964円
長袖シャツ    5616円
半袖シャツ    5400円
女子用
上衣      24840円
スカート(冬) 12960円
スカート(夏) 11880円
長袖ブラウス   5400円
半袖ブラウス   5184円
男女兼用
セーター     9180円
ソックス(夏)   702円
ソックス(冬)   810円
ベスト      8640円
帽子(夏)    2916円
帽子(冬)    2916円
※いずれも身長130センチの通常サイズ

(2018年2月8日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る