オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
ニュース 中日新聞ニュース

婚活男子 カレンダーに

長野・小谷村 魅力あふれる12人

長野県小谷村が作製した「男暦」の見本
長野県小谷村が作製した「男暦」の見本

 長野県小谷(おたり)村は来月、村内に住む独身男性12人の写真を載せた2018年4月~19年3月のカレンダー「小谷男暦(おとこごよみ)」を発売する。全員が「花嫁募集中」という。村は、美しい山や温泉といった地域の魅力とともに、山間地で力強く生きる男性たちをPR。村内外の女性との縁結びにつなげたい考えだ。デートの申し込みがあれば、村役場が仲介する。(林啓太)

 小谷村は長野県北部の新潟県境に位置し、過疎化が進んでいる。人口は3000人弱で、1950年代半ばの3分の1ほどになった。国立社会保障・人口問題研究所は、2060年には909人まで減ると推計している。「男暦」は、この過疎化のペースを少しでもやわらげるのが狙いだ。

図

 壁かけタイプで、20~37歳の男性12人が毎月1人、登場する。人選は村役場が、若者らでつくる地元のまちづくり団体に依頼。自薦や他薦で12人が決まった。

 7月は、登山が趣味の男性が登場。雪の残る山中で周囲の景色を眺めている。10月は、稲刈り作業を終えた男性が笑顔を見せる。11月は露天風呂に漬かる男性で、地元の温泉をPRする狙いもあるという。1月はスキーが得意という男性で、村内のスキー場で滑降している。

 いずれも、男性の顔が分かる写真を利用。一人一人の名前、職業、趣味、好みのタイプや将来の夢などのプロフィルも記載されている。

 「この景色。本当は誰かと独占したい。」「俺、雪の上ではスピード出すよ。」などと、ちょっぴり気取ったコメントも添えられている。

 村役場や、村のスキー場などで販売する予定。一部1500円(税込み)で1500部発行する。郵送も受け付ける。

 村企画財政係の担当者は「デートや交際の申し込みはこちらで受け付けます」と、反響に期待する。

 問い合わせは、小谷村役場=0261(82)2001=へ。

(2017年12月21日)

<< 前の記事 次の記事 >>

News 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る