オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
トピックス 中日新聞ニュース

「ベビーカーツアー」満喫

ランス美術館展で開催

ベビーカーを押しながら「ランス美術館展」を楽しむ休館日鑑賞ツアー=名古屋市中区の名古屋市美術館で
ベビーカーを押しながら「ランス美術館展」を楽しむ休館日鑑賞ツアー=名古屋市中区の名古屋市美術館で

 ベビーカーが必要な小さな子どもを連れた保護者にも安心して芸術を鑑賞してもらおうと、名古屋市中区栄2の名古屋市美術館は13日、初の「ベビーカーツアー」を、開催中の「ランス美術館展」で開いた。(竹谷直子)

 来場者へのアンケートで「子どもを連れて来づらい」との意見があったことから閉館日を利用して実施した。

 市の子育て情報アプリなどでイベント情報を発信。約60人が参加した。ベビーカーや抱っこひもで子どもを連れた母親らは、学芸員の説明を聞きながらドラクロワをはじめとする17~20世紀の絵画などを楽しんだ。会場には、授乳スペースや椅子を多く設置するなどの工夫が施された。子どもが走ったり、大声を上げたりしてもスタッフは笑顔で迎え、母親らがお互いに話し掛けるなどの交流も見られた。

 中区の主婦(40)は「絵画をよく見に行っていたが、美術館は声を出してはいけないので、出産後は一度も行けなかった。子どもと一緒に来られてありがたい」と喜んだ。

 名古屋市美術館の布施英彦さん(40)は「ご好評をいただいた。今後も継続していければ」と語った。

 ランス美術館展(中日新聞社主催)は、フランスのランス美術館が所蔵する作品を紹介。12月3日まで。一般1400円、高校・大学生1000円、中学生以下無料。月曜休館。

(2017年11月14日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る