オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
トピックス 中日新聞ニュース

東山 チンパンジー双子公開

母親気遣い 群れで子育て

一般公開が始まったチンパンジーの双子の赤ちゃん
一般公開が始まったチンパンジーの双子の赤ちゃん

 東山動植物園(名古屋市千種区)は7日、10月21日に生まれた双子のチンパンジーを一般に初公開した。群れのチンパンジーは30歳の母カズミに優しく接しており、飼育員は「子育て中の母親がリスペクトされているようだ」と目を細めて見守っている。(塚田真裕)

 公開初日は母カズミが2頭を片腕でしっかりと抱き、チンパンジー舎の屋外運動場に現れた。木登り遊び用の塔にゆっくり上ると、踊り場でおなかに2頭を乗せて、気持ちよさそうに日なたぼっこする姿を見せた。

 飼育員の近藤裕治さん(45)は「他のチンパンジーも双子の赤ちゃんに興味津々な様子」と解説する。母親の機嫌を損ねないようカズミの毛づくろいした後に、赤ちゃんに優しく触れていくという。やんちゃ盛りの6歳の雄リキもカズミの前でおもちゃの麻袋を振り回してしかられた後は、毛づくろいするなど接し方を覚えたようだ。栄養価の高い固形の餌をカズミが多く拾うのも黙認するといい「カズミを気遣っているようだ。群れで子どもを守ろうとしている」と説明する。

赤ちゃんを抱く母親のカズミ(左)と、寄り添うチンパンジー=いずれも名古屋市千種区の東山動植物園で
赤ちゃんを抱く母親のカズミ(左)と、寄り添うチンパンジー=いずれも名古屋市千種区の東山動植物園で

 東山のチンパンジーは2009年から複数頭の雄も同居し、自然に近い群れで暮らす。それまではやんちゃな若い雄が雌を傷つけることを恐れ、若い雄を別居させていた。近藤さんは「みんなで双子を育てることにより、母親の負担軽減になる。群れの良さを発揮できる」と期待する。

 生まれた時に分からなかった双子の性別はいずれも雌と判明した。カズミのストレス軽減のためにこれまで非公開にしていたが、順調に育っているため公開した。双子の出産は国内9例目。名前は今後決める。

(2017年11月8日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る