オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
トピックス 中日新聞ニュース

あおり運転 無視が最善

深刻なトラブル避けるには

萩山嘉久さんと石橋和歩容疑者がトラブルとなった東名高速下り線の中井パーキングエリア=神奈川県中井町で
萩山嘉久さんと石橋和歩容疑者がトラブルとなった東名高速下り線の中井パーキングエリア=神奈川県中井町で

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、追い越し車線に停車中のワゴン車が大型トラックに追突され、静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)、妻友香さん=同(39)=が死亡した事故は、夫妻が別の乗用車とトラブルになり、進路をふさがれたのが原因だった。車同士のもめ事は身近な出来事で、2人に1人が普段からあおり運転に直面しているとのデータもある。深刻な事態を避けるにはどうすればいいのか。

 萩山さん夫妻がトラブルに巻き込まれた東名高速中井パーキングエリア。13日、休憩中のドライバーらに取材すると、走行中に怖い思いをした経験談が次々に寄せられた。

 横浜市の会社員寺田さん(50)はこの日、高速道路に入る前の一般道で災難に見舞われた。側道から出てきた乗用車と接触寸前に。事故は避けたが、その車が追跡してきた。最後は並走され、運転席の男が窓を開けて怒鳴って去った。寺田さんは「相手にしないに限るが、追いかけられるのはやはり怖い」。

 神奈川県座間市のトラック運転手立場(たちば)さん(53)は半年前、首都高速で乗用車に割り込まれた。クラクションを鳴らして抗議すると、乗用車が嫌がらせで急停車。「慌てて急ブレーキを踏んだが、車間距離は1メートルほどだった」

 交通問題に詳しい高山俊吉弁護士は「逃げ場のない高速道路であおられるなどの行為はすごく怖い。話し合いで解決したくなるのは分かるが、相手にしないのが最善」と指摘。追いかけ回された場合は「路側帯に車を寄せ、走行車線や追い越し車線に停車することは避ける。ドアをロックして絶対に外に出ず、110番して警察が来るのを待つしかない」とアドバイスする。

(2017年10月16日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る