桐生選手に「最高栄誉賞」

トピックス一覧
<< 前の記事 次の記事 >>

滋賀県が新設、授与

写真

 陸上100メートルで滋賀県彦根市出身の桐生祥秀選手(21)=東洋大=が日本人初の9秒台をマークしたことを受け、滋賀県の三日月大造知事は12日、県民スポーツ大賞「最高栄誉賞」を新たに創設し、桐生選手に授与すると発表した。

 県民スポーツ大賞には、五輪などのメダリストに贈る「栄誉賞」、国際大会で活躍した選手に贈る「特別賞」などがある。桐生選手は昨年、リオデジャネイロ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得し、栄誉賞を受けていた。創設する最高栄誉賞は「日本人初の記録を樹立するなどとりわけ大きな功績を成し遂げた」ケースに授与するという。

(2017年9月13日)

前 << 来月「大須大道町人祭」 栗子餅作り始まる >> 次