「富山出身者 採らない」

トピックス一覧
<< 前の記事 次の記事 >>

不二越会長が発言、労働局「不適切」

「不二越」の本間博夫会長
「不二越」の本間博夫会長

 東証一部上場の機械メーカー「不二越」(富山市)の本間博夫会長(71)が「富山で生まれた人は極力採らない」などと記者会見で発言していたことが13日、同社への取材で分かった。富山労働局は「公正な採用選考の観点から不適切」と指摘している。

 同社経営企画部によると、同社が5日に富山市で開いた2017年5月中間決算の会見で、東京と富山の2本社体制から、東京に一本化すると発表。「海外での事業拡大に向け、多様な情報や優れた人材を獲得するため」と理由を説明した。

 その際、本間会長は「富山で生まれて地方の大学に行った人でも極力採らない」「(同県出身者は)閉鎖された考え方が非常に強い」との趣旨の発言をしたという。

 同社は1928年に富山市で創業し、工作機械などの製造販売を手掛ける。同社単独の従業員約3000人のうち、8割近くが富山県出身者。

 同社は「人物本位で採用しており、富山県出身者を抑制する意図はない」とコメントしている。

 富山労働局は「出身地で区別せず、本人の能力を見て判断するべきだ」との見解を示した。富山経済同友会の米原蕃代表幹事は「富山の人は真面目な県民性を持つ。富山発祥の企業として残念な発言」と話した。

 本間会長は東京都出身。1970年に入社し、09年に社長就任。17年2月から会長を務める。

(2017年7月14日)

前 << 犬山城の一般公開中止 ヒアリ グッズで寄せ付けず >> 次