オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina
トピックス 中日新聞ニュース

新種の恐竜の卵だった!

52年前発見 福井の博物館鑑定

1965年に山口県下関市で見つかり、福井県立恐竜博物館が恐竜の卵化石だったと発表した化石=福井県勝山市で
1965年に山口県下関市で見つかり、福井県立恐竜博物館が恐竜の卵化石だったと発表した化石=福井県勝山市で

 福井県立恐竜博物館(同県勝山市)と山口県美祢(みね)市化石館などは5日、同県下関市の白亜紀前期(1億2000万~1億年前)の地層から1965(昭和40)年に発掘された化石が、恐竜の卵の化石だと判明したと発表した。恐竜化石としては国内最初の発見となる。国内では未確認の種類で、二足歩行する肉食恐竜の「獣脚類」の卵の可能性が高いという。

 これまで、78年に岩手県岩泉町で見つかった竜脚類「モシリュウ」の上腕骨の一部が、国内の恐竜化石では最初の発見とされていたが、それよりも13年前に見つかっていたことになる。

 卵化石は8点あり、直径2~7センチの卵殻片とみられる。卵殻の断面構造は多くの恐竜の卵に見られる特徴と一致した。卵殻の厚さは3.7ミリと恐竜の卵としては比較的厚い。恐竜の卵化石は勝山市や兵庫県丹波市などで見つかっているが、卵殻の厚さはいずれも1ミリ程度までのため、国内で確認されていない大型恐竜の卵とみられるという。

 化石は下関市の綾羅木(あやらぎ)川上流の地層から、当時下関市の高校2年生だった清水好晴(よしはる)さん(68)=神奈川県横須賀市=が65年9月に発掘。現場周辺を撮影した写真のネガやスケッチなどと一緒に自宅で保管していた。昨年3月、おいの美祢市職員に鑑定を依頼。福井県立恐竜博物館の研究員が発掘の時代考証や経緯なども調べ、卵化石と確認した。

 県立恐竜博物館の東洋一特別館長は「昭和40年ごろは日本では恐竜化石は発見できないとの先入観が学界を支配していた時代。そんな中で、恐竜化石を探求していた清水さんには頭が下がる思い」と話した。

 清水さんは「不思議な石は恐竜の卵ではないか、との少年時代の思いが正しかったことに安堵(あんど)している」とコメントした。

 卵化石は、7月14日から同博物館で公開される。

(2017年6月6日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る