「安土城」1泊500万円!

トピックス一覧
<< 前の記事 次の記事 >>

「お殿様気分」 伊勢の文化村で

1泊500万円のホテルに変える安土城のレプリカ=三重県伊勢市二見町の伊勢安土桃山文化村で
1泊500万円のホテルに変える安土城のレプリカ=三重県伊勢市二見町の伊勢安土桃山文化村で

 三重県伊勢市のテーマパーク「伊勢安土桃山文化村」が、総額100億円を投じて施設を全面改装する。忍者に変身して動き回れるアトラクションなどを8月までに整備し、忍者への関心が高い訪日外国人を呼び込む狙い。中核施設で高さ43メートルの安土城のレプリカは、「お殿様気分」を味わえる1泊500万円の超高級ホテルに改装し、2018年春のオープンを目指す。

 文化村の前田敏明執行役員が29日、中日新聞の取材に明らかにした。1993年に戦国時代のテーマパークとして開業後、初の大型改装となり、年間来場者数の目標を現行の10万人から30万人に引き上げる。

 安土城は7階建てで、高層部分をホテルにして1日1組限定の貸し切りとする。スイートルームで10人程度まで宿泊できる想定。海抜100メートルから伊勢の市街地を一望でき、海外の富裕層の利用を見込む。料金には、城までかごで運ばれる大名行列や、歓迎パーティーなどの費用を含めている。低層部分を物販のスペースとする。(伊勢支局・大島康介)

(2017年3月30日)

前 << 「文学賞 今週末受け取る」 3月31日のいただきますレシピ >> 次