中日・大野がひとり親家庭招待

トピックス一覧
<< 前の記事 次の記事 >>

「ひとり親家庭に笑顔を」 ドームに月1回

大野雄大投手
大野雄大投手

 中日は16日、大野雄大投手(28)が今季、ナゴヤドームで日曜日に開催される試合に、ひとり親家庭を無料招待すると発表した。月1回で全6試合。対象は愛知県在住の親と中学生以下の子で、毎回10組20〜40人を招く。

 自らも母子家庭で育った大野が強く希望して実現。この日の練習後「生のプロ野球に触れて多くの家族が笑顔になってくれれば、こんなにうれしいことはない。純粋に野球を楽しんでほしい」と思いを語った。

 大野の心に残るのは、小学校5年生だった1999年に母親と観戦した甲子園での球宴。「経済的に苦しい中でやりくりして連れて行ってくれたのがうれしかった。こんな舞台で野球がやりたいと思った」と振り返る。

 社会貢献活動への思いはプロ入り時から温めていた。昨年、同様に母子家庭で育った同い年の西武・秋山がひとり親家庭を本拠地に招待しているのを知って共感。「選手会長でもあるし、いいタイミング」と球団に働き掛けた。

 弁当や応援グッズもプレゼントし、触れ合う時間も設けたい考え。初回は4月16日の巨人戦で、3月27日〜4月7日に愛知県母子寡婦福祉連合会のホームページで募集する。ほかの招待日は5月21日、6月4日、7月30日、8月20日、9月10日。

(2017年3月17日)

前 << 3月17日のいただきますレシピ 近鉄が名駅にホテル復活へ >> 次