ベルーガ、堂々デビュー

トピックス一覧
<< 前の記事 次の記事 >>

6頭目、驚異の適応力 名港水族館公開

一般公開初日に胸びれで「握手」のパフォーマンスを披露する雄のベルーガ=名古屋市港区の名古屋港水族館で
一般公開初日に胸びれで「握手」のパフォーマンスを披露する雄のベルーガ=名古屋市港区の名古屋港水族館で

 名古屋市港区の名古屋港水族館で14日、昨年8月にロシアから搬入された雄のベルーガ(シロイルカ)の一般公開が始まった。「衝撃的」と飼育員を驚かせる適応力で早速、来場者を楽しませている。(立石智保)

 新たなベルーガは野生で、直後は来場者の目に触れない医療用プールで飼育。飼育員の森朋子さん(40)によると、館内のエレベーターが動いたり、扉を閉めたりすると、敏感に反応し、おびえた様子を見せていた。気分次第で餌を食べない時もあった。

 昨年11月中旬、ほかに5頭いるベルーガのうち、年齢が近い雌の「ナナ」(9歳)、雄の「ミライ」(4歳)と同じプールに入れてみると、急速に水族館の環境に慣れ始めた。

 今月初旬からゲートを開けて、展示プールに出る訓練を開始。狭いゲートを通って初めてのプールに入る不安から、ここでつまずく個体が多い。

 イルカやシャチの担当も経験し、1年かけても出られなかった例を知っている森さんは「3月中は無理だと思っていた」と振り返る。ところが、今回は初日から展示プールで餌を食べる離れ業を演じてみせた。

 体を回転させる「ツイスト」などのパフォーマンスを既に身に付けており、初日から来場者の歓声を浴びた。体長4.14メートル、体重約900キロで6頭のうちで最も大きく、最も小さく特に仲が良い2.88メートル、373キロのミライと一緒に泳ぐ姿も人気を集めそうだ。

 館内では昨年8月に誕生したバンドウイルカと併せ、愛称を決める投票を4月6日まで受け付けている。

(2017年3月15日)

前 << 東山にコアラ新顔 3月16日のいただきますレシピ >> 次