オピ・リーナ opi-rina
menu
オピ・リーナ opi-rina

サイト内検索

トピックス 中日新聞ニュース

レイア姫、名古屋城に見参

スター・ウォーズ展 きょう開幕

開幕セレモニーでテープカットするSKE48の(左から2人おいて)古畑奈和さん、松井珠理奈さん、須田亜香里さんら=15日午後、名古屋市中区の名古屋城で
開幕セレモニーでテープカットするSKE48の(左から2人おいて)古畑奈和さん、松井珠理奈さん、須田亜香里さんら=15日午後、名古屋市中区の名古屋城で

 映画スター・ウォーズをテーマにした展覧会「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」(中日新聞社など主催)が16日に名古屋市中区の名古屋城大天守閣で開幕するのを前に、内覧会が15日、会場の企画展示室で開かれ、約300人が参加した。

 映画シリーズは、日本の武士道の影響を大きく受けているとされる。名古屋は全国10カ所の巡回展の最後となるが、城での開催は初めて。同展では、撮影で実際に使われたキャラクター「ダース・ベイダー」やロボットの「R2-D2」、「C-3PO」の衣装が登場。小道具や世界各国の著名アーティストが描いた絵画を含め計150点を展示する。

 開幕セレモニーでは、同展のアンバサダーを務めるSKE48の松井珠理奈さんが、ヒロインのレイア姫にちなんだ衣装を身に着けて登場し「展示を見た上で映画を見たらもっと楽しいと思います」とPR。主催団体の関係者らとテープカットした。

 同展は4月9日まで。当日券は一般1800円、小・中学生700円。問い合わせは中日新聞社社会事業部=電052(221)0955=へ。

(2017年2月16日)

<< 前の記事 次の記事 >>

Topics 中日新聞ニュース

Today's Fotune 今日の占い

Mail Magazine 登録無料

下記フォームより
メールアドレスの登録を行ってください

> 登録 >>メルマガについて
ページトップに戻る