情報一覧
今回の探険は「探検隊がご当地レトルトカレーを食べ比べ」です

気になる“ご当地レトルトカレー”を実食☆

 みなさんこんにちは、『オピ・探検隊』のパンダ隊長です。まだまだ残暑厳しく、ますます疲れが溜まり夏バテを起こしがちなシーズン・・・。そんな時には、みんな大好き&スパイシーなカレーを食べて、夏バテを防ぎませんか?今回は、種類やジャンルもどんどん増え、選ぶのも楽しい“ご当地レトルトカレー”の食べ比べレポートをお送りします。

パッケージもそれぞれユニーク☆
パッケージもそれぞれユニーク☆

 早速、市場リサーチに出たところ、レトルトカレーコーナーには、昔ながらの定番商品から、ちょっぴり変わり種のご当地ものまでずらり、種類が多すぎて迷っちゃう・・・。ということで、隊員たちがランダムに選んだ「ふらの産トマトのチキンカレー」「北海道 黒いカレー」「北海道 スープカレー」「かきカレー」「津山ホルモンカレー」「鳥肌の立つカレー」の6種をピックアップ、いよいよ実食です。

・あのB級グルメがカレーに変身『津山ホルモンカレー』

カレーらしい色!香りもGOOD
カレーらしい色!香りもGOOD

 今や話題沸騰のB-1グランプリで、すっかり有名となった岡山県のB級グルメ『津山ホルモンうどん』。津山市はもともと良牛の産地として有名だそうで、その良質で安心な国産牛ホルモンを30%使用したカレーとのこと、これは期待大!さて、お味もさることながら、まずは見た目が気になりますよね。メインの具である牛ホルモンは、数えたところ7~8切れ入っていました。

柔らかく臭みのないホルモン
柔らかく臭みのないホルモン

 ルーにはほど良いとろみがあり、レトルトカレーらしいカレー。ホルモンがとても柔らかく、しっかりと煮込まれている印象。「ホルモン自体に臭みがなくとても食べやすい」「これはホルモンが苦手な人でも食べられそう」などと、ホルモンの食べやすさが評価され、甘みもコクも感じる食べやすいカレーでした。隊長としては、あまりに無難にまとまりすぎている印象が強いため、もうひとパンチ欲しいところかな。

「特製津山ホルモンカレー」 200g
525円 (探検隊調べ)

・その辛さにゾクゾク?!『鳥肌の立つカレー』

見た目は普通のキーマカレーですが・・・
見た目は普通のキーマカレーですが・・・

 そのインパクトあるネーミングに目が留まり、思わず手に取ってしまった1品。“鳥肌が立つ”とは、果たしてどういう意味でしょう?説明によると、カレー研究家・小野氏が「カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった」と語っております。「チキン」と「キーマ」の2展開のうち、今回はキーマをチョイスしてみました。見た目はごく普通のキーマカレー。ひき肉がたっぷり、トマトや玉ねぎも見られます。

こ、これはかなり辛いぞ!!
こ、これはかなり辛いぞ!!

 香辛料のにおいが漂ったかと思えば・・・ヒィ~~!!見た目からは想像つかないほどスパイシーな辛さにビックリ。カレーによくある甘みよりも、香辛料とか塩気がうんと強く感じられます。パッケージの辛さレベル「5」に、思わず納得・・・。大人好みの本格的な味で、辛いもの好きな隊員にはとっても好評でした。辛いものが苦手な方、お子様向け甘口カレー好みな方にはおすすめできません。まさに夏向き、飽きのこない大人の味で、本当に鳥肌が立つかどうか、ご自身でお試しあれ☆

「小野員裕の鳥肌の立つカレー(キーマ)」 200g
420円 (探検隊調べ)

・トマトの酸味が女性好み♪『ふらの産トマトのチキンカレー』

スープのようなサラサラ系ルー
スープのようなサラサラ系ルー

 続いては、栄養豊富でリコピンでも注目されるトマトがメインのカレー。自然な甘みたっぷりの富良野産トマトと北海道産鶏肉&玉ねぎを使用し、嬉しいことに化学調味料無添加で仕上げてあります。北海道産の素材にこだわった、なんだか体にも良さそうなカレーにワクワク。具は細かく刻まれており、見た目からしてトマト色、ルーはトマトスープと言われても通用しそうなほどのサラサラ系。

さっぱりと飽きることなく完食♪
さっぱりと飽きることなく完食♪

 「トマトの酸味と甘みのバランスがGOOD」「あっさりしているけど、ちゃんとスパイスも効いている」「ココナッツミルクの甘みで優しい味に仕上がっている」「パスタにも合いそう」「ソースとしていろいろアレンジできそう」など大好評の様子。チキンとトマトというヘルシーな組み合わせも女性受けしました。辛いもの好きさんには物足りないと思いますが、名前のごとく、ちゃんとトマトが主役をつとめるおすすめカレーです。

「ふらの産トマトのチキンカレー」 180g
315円 (探検隊調べ)

次ページ でも、探検隊がピックアップしたご当地レトルトカレーレポ、まだまだ続きます☆